FC2ブログ

暦の上では秋といいますが

suzumushi.png

8月7日は立秋。「暦の上では秋」とはよく言われますが、実際は真夏の真っ只中、秋の気配なんてどこにも感じないよと思っている事でしょう。そもそもなぜこの時期に立秋なんでしょう?

二十四節気には春夏秋冬のスタートの日を「四立」といい、立秋はその一つです。なぜこの時期なのかというと、夏至と秋分の中間だからです。夏の盛りは気温的にはいま頃ですが、日差しの強さで言えば夏至の頃です。その夏至から1ヶ月半経ってるので、日暮れも少しずつ早くなり、立秋を過ぎると1日につき1分〜2分程度日の入りが早くなります。逆に日の出は遅くなります。

真夏には土用の丑があって鰻を食べる風習がありますが、その土用とは、四立の直前18日間をいい、つまりは土用は1年に4回あります。そして四立の前日を節分といいます。つまりは節分も1年に4回あります。土用は立秋の直前の鰻を食べる風習、そして節分は立春の前日の豆まきをする日として世間に定着していますね。

茨城は台風の影響もあって「暦どおり」暑さが和らいでしのぎやすい1日でした。夜はコオロギや鈴虫といった秋の虫の声が聞かれます。蝉もツクツクボウシが聞かれるようになってきました。水田も黄金色になってきて、あと1ヶ月ほどで収穫を迎えます。栗やぶどうももう少しかなという感じです。まだ暑い日は続くでしょうけど、秋の気配はあちらこちらに見られるようになりました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤嶋親方

Author:藤嶋親方
ご来訪ありがとうございます。茨城県東海村で社労士を開業している藤嶋です。 
社会保険制度を分かりやすく、出来るだけゆるく、時に日常の何気ない話等を綴っていきます。
どうぞお付き合い下さい。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ