FC2ブログ

労働保険・社会保険の保険料決定手続き

job_kaikeishi_man.png

去る7月10日に労働保険(労災・雇用保険)の保険料の更新手続き(年度更新)と、社会保険(健康保険・厚生年金)の保険料の決定の手続き(定時決定)の締切りを迎えました。この労働保険と社会保険の保険料の仕組みは、一見似ているようで全く異なるものとなっています。

労働保険の方は、4月1日から翌年3月31日までの1年度の期間内に支払われた賃金をもとに、前の年度の保険料を確定させ、今年度の保険料は概算で1年間に支払われるであろう賃金額をもとに申告して概算保険料として保険料を支払い、また翌年度の更新時に確定させてその時に精算するという形を毎年繰り返します。対象となる賃金は、交通費や残業手当、賞与といったものも含みます。

一方社会保険は、従業員個々の4月〜6月に支払われた賃金をもとに保険料を決定し、賃金額に大幅な変更がない限りは、9月〜翌年8月まで同じ額の保険料を労使折半で負担することとなります。また、賞与が支払われた場合は、別個に賞与支払届の年金事務所への届出が賞与の支給から5日以内に必要になります。社会保険に関しては、全適用事業所の事業主を対象に面談調査があり、5年に1回程度の間隔で社会保険に適用される従業員の有無や支払われた賃金に対して適切な申告をしようとしているのかの年金機構によるチェックがあります。賃金台帳やタイムカード、契約書などの書類を持参しての面談となりますので、普段から法定帳簿を適切につけていないと困る事になります。書面でいきなり通知が来るので不安に思われる事業主さんもおられるかと思いますが、適用事業所全てが対象の面談ですので、恐れることはありません。

これらの手続きをせずに通知がきても無視したりした場合は、延滞金なども含むペナルティが科されます。数日程度手続きが遅れてもペナルティにはなりませんが、なるべく早いうちに準備していつでも申請できるような準備をしておくに越した事はないでしょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント