FC2ブログ

神ってる 徳勝龍

sumo_dohyou_tsuriyane.png

千秋楽を迎える大相撲初場所が面白いと言うか、大変なことになってます。何と優勝争いの単独トップに幕尻の徳勝龍が立ちました。やはり平幕の正代との1敗直接対決に勝ち、優勝に王手をかけ千秋楽は大関貴景勝と対戦します。徳勝龍が優勝すれば、大相撲史上最大の番狂わせでしょう。正直、相撲ファンでなければ徳勝龍の名前は知らないでしょうし、相撲ファンの間でも数日前までは地味な存在でした。これまでの最高位は前頭4枚目、三役経験はありませんし、三賞受賞もありません。これまで24場所務めた幕内で2桁勝ったのは1場所だけ、ここ2年間はほぼ十両で勝ったり負けたり。先場所も西十両筆頭で8勝7敗で再入幕出来ないかもと言われた中でギリギリ幕内返り咲きを果たした平凡な力士です。年齢も33歳なので、普通に考えれば劇的に強くなる年齢ではありません。その徳勝龍があれよあれよと白星を積み重ねてついに14日目に単独トップに立ちました。相撲内容を見てみると、今日のテレビ中継の解説の荒磯親方の言うように、地に足がついていて踏ん張りが利いています。ここ数日の土俵際の突き落としは少し古い流行語ですが、まさに神ってます。審判部も徳勝龍に上位力士との対戦を組みませんでした。おそらく審判部も徳勝龍はどこかで負けるだろうとナメてかかっていたのでしょう。競馬に例えると、いつぞやのエリザベス女王杯でクィーンスプマンテとテイエムプリキュアの両人気薄が後続を大きく離して逃げて、後続のブエナビスタ以下人気馬が前2頭をナメてかかってこの2頭の逃げ切り+2着を許したような感じです。そういう意味でも徳勝龍は神ってると言えます。場所中に近畿大学時代の監督が急逝しましたが、その監督の魂が乗り移ったかのような活躍と言っていいのかも知れません。

ただ一方で期待されてる若手が順調に育っていないというのもこのような波乱が起こる一因です。下の突き上げがないからこそ、白鵬や鶴竜がボロボロになりながらも引退出来ない状況にあるとも言えます。高安は平幕からやり直し、豪栄道は大関から陥落という状況で来場所は大関は貴景勝一人となってしまいます。朝乃山も今場所はイマイチでした。もしかしたら、今一番大関に近いのは、今場所十両優勝の照ノ富士かも知れません。

それと、稀勢の里の荒磯親方の解説は非常に聞きごごちが良いですね。荒磯親方の解説は力士の欠点をディスるのではなく、良いところを褒める解説です。欠点を解説するにしても、単にディスるのではなく、具体的にここをこうすれば今よりももっと良くなる的な指摘をします。稀勢の里時代は無口でムスッとしていた姿が印象に残るだけに今の荒磯親方の姿は意外性があって面白いです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤嶋親方

Author:藤嶋親方
ご来訪ありがとうございます。茨城県東海村で社労士を開業している藤嶋です。 
社会保険制度を分かりやすく、出来るだけゆるく、時に日常の何気ない話等を綴っていきます。
どうぞお付き合い下さい。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ