FC2ブログ

鬼の居ぬ間にGⅠ戴冠

keiba_banushi-2.png

ついこの間、有馬記念に熱狂したかと思いきや、明日23日は今年最初のGⅠ、フェブラリーステークスです。JRAのダートのGⅠは暮れのチャンピオンズカップとこのフェブラリーステークスだけです。昨年暮れのチャンピオンズカップは一大勢力、ノーザンファームの有力馬が大挙出走して、1着2着を独占しました。今回のフェブラリーステークスには、ノーザンの有力馬の出走はありません。賞金の高いサウジアラビアやドバイのレースに遠征するためで、ノーザン勢にとっては、フェブラリーステークスは眼中にないという訳です。ノーザン勢が席巻する最近のGⅠレースの中では、珍しいレースといえるでしょう。非ノーザンの有力馬にとっては、鬼の居ぬ間に結果を出したい事でしょう。

ノーザンの有力馬が少ないレースは、波乱になる可能性は高いです。ちょっと手を出しづらいレースと言えるかも知れません。
◎サンライズノヴァ
○モズアスコット
▲インティ
☆ワンダーリーデル
△タイムフライヤー
× アルクトス ワイドファラオ、、、
◎サンライズノヴァは3走前のプロキオンステークスは後ろ過ぎ、前走の武蔵野ステークスは前過ぎでした。ただし、後ろからのレースしか出来なかったのが前でレースが出来るようになって前々走の南部杯を勝つ事が出来たのは、この馬のランクアップだと思います。今回はここ1本に目標を絞っての参戦でしょう。
○モズアスコットは初ダートの前走、根岸ステークスで圧勝し、ダート適性を見せました。出遅れなければ前につけて相手はインティ1頭というレースをするのではないでしょうか。追うものの強みで、インティよりレースはしやすいでしょう。
▲インティは逃げた時は負けても高いパフォーマンスを叩き出してます。逆に逃げていないレースでのパフォーマンスは、見た目の着順が良いレースでもパフォーマンスは低いです。前々走のチャンピオンズカップは前者、前走の東海ステークスは後者です。それと今回は、逃げたとしても後続のマーク(特にモズアスコット)はキツそうです。連覇がかかりますが、昨年のように楽なレースは出来ないでしょう。
それ以下だと今回と同じ舞台の武蔵野ステークスを3走前に勝ってるワンダーリーデルが面白いかも知れません。先行馬が苦しくなれば後方から飛んでくるシーンもあるかも。タイムフライヤー、アルクトス、ワイドファラオあたりも舞台適性はあるので一考したいところです。

今年は、春本番のクラシック戦線もコントレイルを筆頭に非ノーザンの有力馬が控えてます。ノーザン勢に変なレースの使い分けをさせないためにも、非ノーザンの有力馬には頑張ってもらいたいところです。



スポンサーサイト



プロフィール

藤嶋親方

Author:藤嶋親方
ご来訪ありがとうございます。茨城県東海村で社労士を開業している藤嶋です。 
社会保険制度を分かりやすく、出来るだけゆるく、時に日常の何気ない話等を綴っていきます。
どうぞお付き合い下さい。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ