FC2ブログ

大晦日に今年を象徴するバカ陽気

joyanokane.png

今日は12月31日。大晦日のはずです。ところが昼間はポカポカで関東地方では横浜など20度以上になったところもあるとか、、今年1年を象徴するような異常高温の大晦日となりました。

とにかく今年というか、昨年の春以降、ずっと高温が継続しているように感じます。9月以降は1ヶ月季節の進みが遅くなってるような感じです。なので、まだ冬がきたような気がしません。だとしても今日は11月末ですから、20度以上は高過ぎです。夕方以降は北風が吹き荒れて気温が急降下ですが、暖かい空気がそれだけ強力なんでしょう。吹き返しの季節風が強いように感じます。それにしても12月に関東地方が晴れの日が少なくて周期的に雨が降ってる事自体おかしいですし、冬ではありません。豪雪地帯の白川郷では積雪がないそうです。

年明けは寒波到来とか聞きますが、関東地方の向こう1週間の気温はせいぜい平年並み、高い日も何日かはあるので、寒波とは言えませんね。要は、異常高温と平年並みをジェットコースターのように乱高下しているのです。それを寒暖の変動が大きいと表現しているのです。とは言え、気温の乱高下は体調を崩しやしくなるので気をつけたいですね。

2月以降は今度は季節の進みが早くなるでしょう。台風や大雨など、極端な現象も増えてます。令和になって気候ジャンプが起きたのではと感じさせます。

個人的には、今年は人脈も増えてまずまず良い1年だったかなと思います。社労士会の役員をやらされるハメになってしまいましたが、おかげで同業者の人脈は増えて障害年金チームを結成する事も出来ました。昨年の今頃には考えもしないくらいの成果があったように思います。

あと追伸ですが、今年のレコ大は時代の流れについていけなくなってる私でも知っている曲が選ばれたのは順当だし、良かったように思います。パプリカはあちこちでよく耳にしました。乃木坂や欅坂の曲はほとんど知りません。いろんな世代の人が聞いて知っている曲が受賞するのが本来あるべき姿かなと思います。

スポンサーサイト



一転、豪華な顔ぶれ有馬記念

animal_horse_thoroughbred_brown.png

かつては年末最後の大勝負レースと言われた有馬記念。最近、ホープフルステークスという2歳のGⅠが有馬記念の後日に設けられて、かつてのような悲壮感は薄れてきたような気はしますが、やはりファン投票で選ばれた馬が一堂に会する有馬記念が今年最後の大勝負だなと私なんかは思います。
今年の有馬記念は人気断然のアーモンドアイ以外にも層の厚いメンバーが揃いました。ジャパンCがスカスカだったのでどうなるかと思いましたが、使い分けだゆとりローテーションだと言われる昨今の状況からは信じられないほどの素晴らしいメンバーになりました。
今年はあまり馬券に参加していないというのはありますが、天皇賞・秋しか馬券的中がありません。なので私の予想の通りに買ったらハズれる可能性は高いと思います。

◎サートゥルナーリア
○アーモンドアイ
▲リスグラシュー
☆キセキ
△ヴェロックス

アーモンドアイについては、2500mの距離や中山コースに不安は感じませんし、熱発の影響も1ミリでもあれば出走してこないと思いますので、大丈夫だと思います。単に中山2500mでアーモンドアイを負かすならという理由でサートゥルナーリアから。神戸新聞杯の勝ち方が凄かった。今回も出走しているヴェロックスやワールドプレミアを子供扱いですから能力を出し切れれば現役トップクラスのはず。。リスグラシューは宝塚記念はこれまでが何だったのかというくらい強かった。今回で引退ですが、引退間際に本格化してアーモンドアイと同じレースを走るのはファンも注目しているところです。良い枠を引き当てましたので、評価を上げました。キセキは早めにスパートして後続に脚を使わせるレースをすれば面白いと思っていますし、出来れば昨秋沸かせた時みたく、逃げて欲しいところですが、おそらく逃げるのはアエロリットでしょう。ヴェロックスは2500mでも少し長い気はしますが、菊花賞の3000mよりは良いでしょう。皐月賞ではサートゥルナーリア と接戦していますし、高いレベルで相手なりに走れる馬ですので、人気が落ちた今回は押さえたいです。

プロフィール

藤嶋親方

Author:藤嶋親方
ご来訪ありがとうございます。茨城県東海村で社労士を開業している藤嶋です。 
社会保険制度を分かりやすく、出来るだけゆるく、時に日常の何気ない話等を綴っていきます。
どうぞお付き合い下さい。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ