FC2ブログ

本当の夏が来た!

fullsizeoutput_10a.jpeg

朝方は台風から変わった熱帯低気圧の影響で雨が降っていたのが、昼過ぎになって夏空が戻って地元のお祭りも無事開催されました。今月は雨で涼しい日が多くて、関東地方は特に過ごしやすいと感じていた方が多いと思います。私もその一人ですが、一方で、日照不足に悩まされたのが農家の方々です。この時季の日照と暑さが必要な農家の方々はかなりやきもきさせられていたようです。ようやく週中あたりから夏の暑さが続くようになってひと安心といったところでしょうか。暑いとあちこち動きが悪くなったり疲れが取れなくなったりしてキツい時季ですが、夏は夏らしい暑さも必要なので熱中症で倒れない程度には我慢しなければなりません。熱帯低気圧の影響で梅雨の明けていない関東も明日にはようやく梅雨明けとなりそうです。今回は、夏到来の地元のお祭りの様子をまったりとアップしたいと思います。

fullsizeoutput_108.jpeg

fullsizeoutput_106.jpeg

fullsizeoutput_119.jpeg

fullsizeoutput_110.jpeg

fullsizeoutput_116.jpeg

fullsizeoutput_10d.jpeg


fullsizeoutput_11c.jpeg

スポンサーサイト



投票に行きましょう!参院選

touhyou_man.png

参議院選挙。。是非とも息苦しいと感じている人、少しでも変わってほしいと思っている人は特に選挙に行って一票を投じてください!

特に息苦しさや不自由、不満を感じていない平穏な生活を送っている人の多くは、おそらく自民党に入れるのかなと勝手に思い込んでいます。恐らく今回の選挙も自民党は堅調でしょう。逆に冒頭のような現状を少しでも変わってほしいという人の多くは、野党や諸派に入れたいところでしょう。ところが現状は、野党・諸派は苦戦を強いられています。平日は朝から晩まで仕事をして、たまの休日くらいはゆっくりしたい、選挙のことなんか考えたくない、面倒臭いと思っている人もいるかも知れません。誰に入れても同じだから行かないと諦めている人もいるでしょう。そもそも選挙だという事を知らないという人も少なからずいるでしょう。

国民には参政権があります。私たちが政治に参加するほぼ唯一の機会が選挙です。単純にその機会を放棄するのはもったいないし、つまらないなと選挙に必ず行くようになってから私もそう思うようになりました。参院選の投票率は昭和の時代は70%前後だったのが、平成になったからは50%超程度になってしまいました。政治への不信で、誰に入れても変わらないという諦めムードの人が増えた事もあるのでしょう。でもこれほど行かない人がいるという事は、その中の一部でも投票活動に回れば、現有勢力が変わる可能性はあるんじゃないでしょうか。野党、諸派は苦戦を強いられてるだけに一人ひとりの投票活動がより重要になってきます。

私も20代の半ばくらいまでは選挙に行っていませんでしたし、30代前半くらいまではほとんど何も考えずに選挙に行っていました。年金などの社会保険も知らない、政治もよく分からないといった感じで、今思うと恥ずかしい限りですね。どのような考えでどこに入れるかは人それぞれです。参議院は政権を決める選挙ではなく、参議院本来の役割であるチェック機能を強化させるのか否かの選択です。そのあたりを少し考えてみて、当日は散歩するつもりで投票に行ってみても良いのかなと思います。

巨人・白鵬・自民党

food_omelet.png

高度成長期の頃は、巨人・大鵬・卵焼きという流行語があって当時の子供達を中心に多くの人が好きだったらしいですね。巨人はV9時代で、長嶋茂雄や王貞治を中心に国民的な人気だったようですし、大鵬は32回の優勝を記録して、一時代を築きました。その大鵬は、巨人が嫌いでこのような言われ方をされていたことを嫌がっていたらしいです。卵焼きは、高度成長期の食卓の新しい代表と呼べるものだったそうです。

2019年の今現在、無敵を誇っているものが3つあります。巨人・白鵬・自民党と呼んでもいいくらい強いですね。ただこの3つは、アンチもかなりの数がいますが、、

まず巨人は、前半戦を終了してセリーグで貯金を独り占めにして独走中で、今月中にもマジックが点灯する勢いです。セリーグは、巨人ファン以外は本当に面白くないでしょう。私もアンチなので正直言って面白くはありません。オールスターでも巨人の選手の時は、昔からブーイングがありますね。子供の頃はなぜオールスターで巨人の選手が登場すると応援の曲がなんで変な曲になるんだろうと疑問に感じてましたが、、よく巨人はお金にモノを言わせていると批判されていますね。以前は私もそうだそうだと同調していましたが、最近になって、資本主義である以上、仕方ないかなと思うようになりました。選手も高い給料を払ってくれるのであればそちらに行くのは当然です。野球選手でなくても、自分自身に置き換えてみれば今よりも良い条件の会社からもし声が掛かれば行くでしょう。好き嫌いは別ですけどね。

白鵬はさすがに最近はケガが多くなってきましたが、出場してくればまだまだ第一人者の座は揺らいでいません。白鵬の青写真は、豊昇龍あたりが強くなってバトンタッチできる状況になればというところでしょうか。

そして自民党ですね。参院選が控えてますが、年金問題をはじめ色々ありましたが、今回も自民党は堅調に議席を確保するでしょう。私が勝手に思っている事ですが、何の問題もなくフツーに日常を過ごしている人の多くは、自民党に票を入れるのではと思います。特に日常生活にあまり不満を感じていない人からすると、野党の耳触りのいい政策は、とんでもないと思うでしょう。また、参議院は必要ないという意見もちらほら聞かれます。でも参議院も衆議院同様の勢力なんですから、参議院本来のチェック機能が果たされていないのは当然と言えば当然です。

結局、これら3つとも自身の強さ以上に他が弱くて独走を許しているというのは、大いにあるでしょうね。

私は20代前半の頃は、政治には全く無関心で選挙に行きませんでした。20代半ばから30代前半にかけても、選挙には行っていたものの、あまり考えもなく適当に入れていました。考えるようになったのは震災を経験してからです。考えるようになって、候補者や政党によっての主張の違いに今まで自分が何も知らなかった事を恥ずかしいと思いました。国政選挙も半数近い人が選挙に行っていないんですよね。中には行きたくても行けない人もいます。でも行けるのに行かないというのは問題だなと思います。行っても変わらないと言って行かない人も多いですよね。でも、行っていない人の見込まれる票で大勢が変わるという事も特に比例代表では大いにあります。行けるのに行かないというのは、現状肯定と言っていいでしょう。そういう人が何かあった時に政治が悪いと言う資格は、私はないと思います。現状のままではと思っている人ほど、選挙には行ってもらいたいものです。

貴景勝 まだまだこれから

sumo_dohyou_tsuriyane.png

7日から始まる大相撲名古屋場所。残念ながら大関2場所目の貴景勝は休場で、秋場所は関脇へ陥落となってしまいそうです。ただこの休場は仕方ない気はします。場所直前の稽古も関取衆との申し合いは出来ずに幕下以下と少しやっただけで、明らかに調整不足という感じだったようです。稀勢の里は、怪我した後も無理に出場しては途中休場を繰り返し、短命横綱で終わってしまいました。照ノ富士も順調なら横綱に上がれたはずですが、怪我をした後も大関の地位を維持するために出場し続けて怪我を悪化させ、内臓も悪くして序二段まで落ちてしまいました。貴景勝はまだ若いし、怪我をきちんと治して鍛え直していけば再進撃出来るでしょう。ちなみに大関2場所でかつて陥落したのが地元水戸出身の武双山で、陥落した翌場所に10番勝って大関復帰を果たしています。武双山は、現在の藤島親方です。

また、長く幕内の土俵を沸かせた嘉風も休場し、来場所は十両陥落が濃厚です。ここ数場所は、少し淡白な相撲が目立ってきてるのが気がかりなところです。

一方で、新小結の竜電は、7年前に一度十両に昇進した場所で大怪我をして序ノ口まで落ちて、一番下の地位から再起を果たして今場所、新三役を果たしました。大関返り咲きの栃ノ心もかつて、怪我をして幕内上位から幕下の下位にまで落ちながら現在の地位があります。貴景勝もこれからでしょう。

優勝争いは、白鵬が出場する以上は白鵬が大本命でしょう。加齢の影響からか、怪我も多くなってきてますが、まだ他の力士との力差は感じられます。十両以下で注目は、新十両の琴ノ若、関取目前の地位まで上がってきた納谷と豊昇龍でしょう。かつての横綱のDNAを持つ若手が順調に上がってきました。案外、次の横綱はこのあたりに潜んでいるような気がします。

プロフィール

藤嶋親方

Author:藤嶋親方
ご来訪ありがとうございます。茨城県東海村で社労士を開業している藤嶋です。 
社会保険制度を分かりやすく、出来るだけゆるく、時に日常の何気ない話等を綴っていきます。
どうぞお付き合い下さい。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ