FC2ブログ

2018年 中央競馬が終わって

仕事で東京出張の帰りにホープフルステークスが開催される中山競馬場へ行ってみました。競馬場へ行くのは5年ぶりくらいになります。しかも今回は事前準備も全くしていないので、競馬場へ行って初めて、全く馬券を買わずにレース観戦と写真撮影に専念しました。私の場合、馬券を買う時は事前準備をしっかりして予想にある程度の責任が持てる場合に買っていますので、新聞を広げて数分で結論を出すという事が出来ません。

fullsizeoutput_c9.jpeg

さすがにGⅠにしてはかなり空いていましたが、それでも平日という事を考えると多くのお客様が来場していたように思えます。勝ったサートゥルナーリアは、センスの塊ですね。馬群を割る時のデムーロ騎手も半端ないまさに人馬一体の勝利でした。

fullsizeoutput_d0.jpeg

デムーロ騎手は最終レースも勝って1年を締めました。堀調教師となにやら話しながら表彰式へ向かいます。それにしてもこの秋のGⅠは特徴的な事が多くありました。まず外国人騎手の無双状態です。有馬記念こそブラストワンピースの池添騎手が一矢を報いる勝利を挙げましたが、外国人騎手さえ買っていればだいたい当たる〜感じの傾向が続いてしまいました。それと関東馬の躍進と休み明けの馬の激走です。この二つは、大手生産者の外厩によるコンディション作りが大きく影響しています。正直、なぜ関東馬がこんなに急に勝てるようになったのだろう?なぜ休み明けの馬がぶっつけ本番のローテーションで結果を出せるのだろうと不思議に思っていたんですが、大手生産者が馬のコンディション作りに自前でトレセンを凌ぐほどの施設を作って調整していると考えれば納得が行きます。明らかに昔の常識が通用しなくなってきている事を痛感しました。

fullsizeoutput_cb.jpeg

この日は中央、地方の若手騎手を集めてのヤングジョッキーズシリーズも行われました。今の時代、外国人騎手が無双の活躍をし、分厚いベテラン騎手の壁を乗り越えていかなければいけない中ですぐに結果も求められる若手騎手にとっては非常に厳しい時代だと思います。そんな中でも、外国人騎手やベテラン騎手を脅かすような若手騎手の台頭がある事を願ってやみません。

スポンサーサイト



私の今年最後の夢は夢はミッキーです

animal_horse_thoroughbred_brown.png

2018年中央競馬の総決算、有馬記念が発走します。天皇賞、ジャパンカップとメンバーが揃わなかったので有馬記念もどうなるかと思いましたが、欲を言えばきりがないとは言え、まずまず集結してくれたかなと思います。馬券を離れての注目と言えば、障害レースから転向してきたオジュウチョウサンでしょう。

有馬記念に出走するには、障害レースでの獲得賞金は反映されませんので、ファン投票で上位に入る事が必要となっていましたが、ファン投票3位で見事にクリアしました。枠順も1番を引き当てそうな気がしていたら、本当に1番を引き当て、話題性や馬券の売り上げには大きく貢献しています。あとはレースで勝負になるかどうかですが、正直なところ、競馬の常識からすれば平地レースのトップクラスのメンバー相手に上位食い込みは難しいと思います。平地レースでは、まだ下のクラスを連勝してきた程度の馬です。平成最後の有馬記念にオグリキャップを凌ぐような奇跡を起こせるのか、注目です。

現実的に馬券の中心になっているのが天皇賞を勝ったレイデオロです。天皇賞の後はジャパンカップを使わずにここ一本に照準を合わせてきました。必勝態勢でレースに臨んできているのは間違いないでしょう。ただ個人的に藤沢厩舎の馬で断然人気になって軸にした時にあれれという意味不明な敗戦が多いのが気になっています。距離ももしかしたら少し長いかもしれません。

一方キセキはジャパンカップは2着ながら、川田騎手のこれ以上ないほどのペースメイクでアーモンドアイに冷や汗をかかせました。出来る限りの事はして、能力を出し切ったという内容です。もう一度同じあるいはそれ以上のレースをするのは難しい気はします。毎日王冠から天皇賞、ジャパンカップと個人的には3走とも軸にして馬券を取らせてくれた馬ですが、今回は少し割引かなと考えています。

天気も微妙という事もあって、非常に迷いますが、当初から穴で気になっているのが両ミッキーです。特にミッキースワローの瞬発力は、必ずGⅠで勝負になると個人的にはずっと思っています。ミッキーロケットは逆にしぶとく粘り込むタイプで中山の2500mは合うでしょう。ただ、もう少し内枠が欲しかったのと、予定していたジャパンカップを回避したのが多少気になります。持久力戦ならクリンチャーも可能性はありそうです。枠もいいところを引き当てました。ただ、もっと雨が降ってくれて他の馬が苦にするくらい悪い馬場になった方が良かったかなという気はします。

シュヴァルグランやサトノダイヤモンドも実績を考えたら人気がなさすぎです。前者はジャパンカップ4着ならまだ馬券圏争いなら外せませんし、後者は中山2500mは合ううえに、いい枠を引き当てました。いい枠と言えばモズカッチャンもいい枠ですので、ミッキースワローからここで名前を挙げた馬へ少し流したいと思います。

茨城県あの街この街 土浦市

最近あちこち行く機会がありましたので、そのたび毎に短い時間で気になったスポットを取り上げてみたいと思います。

土浦なんですが、水戸よりも北に住んでいる私からすると、東京が少し近くなってきたような気持ちにさせられます。実際、マンションや住宅地が土浦あたりからかなり増えてきます。土浦市役所なんですが、数年前までイトーヨーカドーが入っていたビルを再利用しています。

fullsizeoutput_b6.jpeg

以前は土浦駅から少し離れたところにあったのが、駅の西口の目の前に移転してきたという訳です。市役所の入口には、地元出身の大関・高安がお出迎えをしています。

fullsizeoutput_b9.jpeg

土浦駅を出ると、北西方向にサイクリングロードが敷かれており、筑波山の南側と西側を通って、筑波山の北側の水戸線の岩瀬駅まで延びています。

fullsizeoutput_bc.jpeg

元は筑波鉄道が敷かれていて、30年ほど前に廃止された跡を再利用してのものです。写真は、始点の土浦駅から最初の停車駅、新土浦駅の跡地です。きれいにホームが残っています。

土浦には、亀城公園と呼ばれる土浦城の跡地を整備した公園があります。何でも土浦城は、水害に遭っても水没する事なく水に浮かぶ亀の甲羅のように見えたことから亀城と呼ばれたらしいです。亀城公園と言えば、飼育されている猿のすみれとりょうたの2匹がシンボル的な存在です。

fullsizeoutput_bf.jpeg

正直、この環境で大丈夫なのかと最初見た時は感じました。どうやら2匹とも群れで生活するのが困難になって引き取られたようです。うち1匹は、石岡にある東筑波ユートピアで飼育されていて、群れから排除されてこのままでは死んでしまう可能性があるのを引き取ったとの事です。やむを得ない事情はあるようですが、元気でいてくれればと思います。

この時季は、霞ヶ浦総合公園でイルミネーションを見る事ができます。特に風車のイルミは圧巻で見ごたえがあります。2月中頃まで点灯しているとの事ですので、東京周辺の方も少し足をのばして訪ねてみてはいかがでしょうか。

fullsizeoutput_c4.jpeg

fullsizeoutput_c1.jpeg

fullsizeoutput_c7.jpeg

祝 社労士制度50周年

fullsizeoutput_b4.jpeg

有楽町の東京国際フォーラムへ行ってきました。社労士制度50周年記念式典があったためで、地元の支部長さんからお誘いがあって行く事になりました。

午後の開催なので、午前中は銀座方面に行ってみました。和光の時計台は昭和初期からあるようで、時代を感じますが、個人的には、三愛ドリームセンターのガラス張りの円筒型のビルが非常に印象的です。

fullsizeoutput_ac.jpeg

このビルの開業は昭和38年です。まだ東京五輪も開催されてない時代で、当時の写真を見る限り、高度成長期はまだ前半で建物もいかにも昭和の前半といった建物ばかりです。その時代に前衛的とも言えるこのビルの出現に当時の人は驚きを感じ、近未来を思い描いていたのだろうと感じます。55年経った現在でも、それほど古さを感じさせず、銀座のランドマークとして君臨している姿には感動を覚えます。

お昼は、有楽町のガード下のラーメン屋を見つけてチャーシューメンをいただきました。チャーシューは、今時でいうヤバい美味しさでした。スープもあっさりしていて良かったです。

fullsizeoutput_b2.jpeg

fullsizeoutput_af.jpeg

式典は、天皇、皇后両陛下もお見えになられました。お見えになられた時は、興奮と震えがきて柄にもなく泣きそうになりましたね。こんな末端の社労士がこのような式典に来ていいのかなと思いました。こういう経験ができたり、いろんな人たちと接する事のできる社労士になって良かったかなと感じました。



プロフィール

藤嶋親方

Author:藤嶋親方
ご来訪ありがとうございます。茨城県東海村で社労士を開業している藤嶋です。 
社会保険制度を分かりやすく、出来るだけゆるく、時に日常の何気ない話等を綴っていきます。
どうぞお付き合い下さい。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ