FC2ブログ

8月31日(金)天気雷 夏休み最後の日

syukudai_natsuyasumi_boy_aseru.png

8月31日と言えば、子供にとっては1年で一番いやな日ではないでしょうか。長かったはずの夏休みも終わってみるとあっという間今年は9月1日2日が土日なのでもう2日ありますが、新学期を迎えるのが憂鬱になる気持ちはよく分かります。

私の小学生の頃の夏休みはほぼワンパターンでした。夏休みに入る前に学校で予定表や絵日記をもらう時に「もうすぐ夏休みだ」とワクワク感が出てきます。1日の予定表も真面目に書いて、絵日記もなるべくつけようと初めのうちは意気込むのですが、3日もすると予定表は頭から消えていき、絵日記も絵が下手という事もあって描かなくなります。

7月中は子供会のラジオ体操があるので、朝は6時過ぎに起きて参加しなければいけません。とは言え、参加したときのハンコをもらって、7月最後の日にご褒美のノートをもらうのが嬉しいので、参加します。子供なのでそういうものには弱いですね8月は30日まではプールへ行ったりして遊びほうけて、31日に全く手をつけていない宿題を大騒ぎしながらやるというパターンで、最終日に泣きながら宿題をやるというのは、夏休みを終えて新学期を迎えるうえでの通過儀礼と化していました。そんな姿に31日に遊びに来た友人は半ば呆れて帰っていきましたね

中学校になってからは、夏休みの半分くらいは部活動でした。卓球部でしたが、地元のクラブに幼少の頃から経験していた人もいてレベルが高く、ついていくのも大変でした。私たちの世代のだいぶ後になりますが、そのクラブには、リオ五輪卓球団体で銀メダルを獲得した吉村真晴選手が小学生の頃まで所属していました。

最近は、夏休み明けの子供の自殺も問題になっているようです。新学期を迎えて学校に行きたくないという気持ちは私も分からないでもありません。型にはめるのではなく、「逃げ道」もいざという時は活用してほしいなと思います。昔よりもサポート体制は充実してきて、本当につらい時は学校に無理して行かなくてもいいような考えが徐々に浸透してきたのかなと思います。

スポンサーサイト



賃金支払い5原則

money_kyuuyo_kyuuryou_meisai.png

労働者にとって労働の対価である賃金は、命の次に大切なものといえるでしょう。その賃金の支払いを確かなものとして、労働者に対する保護規定が労働基準法に定めがある賃金支払い5原則です。

通貨払いの原則は、日本銀行券や貨幣といった通貨で賃金を支払わなければならず、現物給与は原則禁止です。通勤定期を現物で支給する場合などは、労働協約の別段の定めが必要になります。

直接払いの原則は、賃金は直接、本人に支払わなければならないというものです。例外としては、病気で欠勤している労働者に代わって、配偶者や親権者といった「使者」に支払うことは認められています。

毎月払いの原則は、月の初日から月末までの間に少なくとも1回賃金を支払わなければならないというものです。

一定期日払いの原則は、賃金を一定の期日を定めて支払う必要があるというものです。例えば「毎月月末」週給制の場合の「毎週金曜日」とするのは期日が変動せず特定されているという意味で問題なしですが、「毎月10日〜15日の間」「毎週第3金曜日」という定め方は、支払日が月によって変動がある、特定されていないという意味で認められていません。また、給与支払日が休日の場合、繰り上げでも繰り下げでも問題はありませんが、支払日が月末や月始の場合は、毎月払いの原則に引っかからないようにしなければなりません。

全額払いの原則は、賃金の一部を控除して支払うことの原則禁止です。でも、通常賃金は社会保険や所得税、会社独自の福利厚生費など、いろいろ控除されていますね。もちろんこれらは例外的に賃金控除が認められています。法令で別段が定めがあるものと、労使協定がある場合がそれで、社会保険や給与所得税の源泉控除は前者、会社独自の福利厚生費は後者です。賃金控除については、少し前にあちこちの派遣会社で月数百円ほどの不当な天引きが繰り返されていたことで問題になりました。

この5原則以外に、労働者の急な出費を必要とする場合に、労働者の請求で賃金支払日(労働者側からだと、給料日)が到来する前に繰り上げて支払う必要のある非常時払い制度があります。本人または家族の出生、疾病、災害、結婚、死亡、やむを得ない事由による1週間以上の帰郷が非常時払いの対象となる事由です。これはあくまで労働者が請求した日までの労働の提供が終了している部分の賃金を繰り上げて支払うというもので、賃金の前借りではありません。

なお、当たり前のように行われている賃金の口座への振り込みは、実は通貨払いの原則に反します。つまりは「現ナマ支給」が法の原則ですが、本人の同意があればOKという例外的なものです。同意のやりとりは「口座振込の通帳のコピー持ってきて」「あ、はい」で十分です。

天空の城 ラピュタ!?

fullsizeoutput_82.jpeg

この土日は水戸で最高気温が2日続けての37度台の猛暑日。土曜の37・6度は今年の最高気温です比較的海に近い水戸としてはここまで上がるのは珍しいと思います。東海村も堪え難いような暑さで、午後は北と西の空に夏のシンボル、入道雲が湧きました。初めはモクモクとした感じの雲でしたが、徐々に背が高くなっていきます。

fullsizeoutput_8b.jpeg

さらに巨大化して、雲の頂が横に広がっていきます。かなとこ雲と呼ばれ、このような雲の下で激しい雷雨やひょう、竜巻などが発生します。

fullsizeoutput_85.jpeg

今日は、東京方面からも茨城や栃木の背の高い雷雲を見る事ができ、ツイッターなどにアップされている方もいるようです。遠くから見ると雲の姿形が美しく、ラピュタとも呼ばれていますが、雲の真下では爆撃のような雷にゲリラ豪雨、竜巻などが起きています茨城県の北半分は、夕方から夜にかけて激しい雷雨に見舞われました。東海村も夜は降りましたが、雲の中心から多少ズレたのか、激しい雷雨とまではなりませんでした。

fullsizeoutput_88.jpeg

北関東の3県と埼玉県は、夏の雷の多さは日本でも有数で「雷銀座」というあまりありがたくない異名があります。内陸部や山沿いで発生した雷雲が茨城県の海沿いの地域にも流れてきます。茨城県の場合は、大子町から北茨城市や高萩市に抜ける県北地域や栃木県南部から筑西市や笠間市あたりを経て筑波山周辺に抜ける県西、県央地域は特に雷が多いです。しかも1度降り出すと、2度、3度と雷雨に見舞われたり雷雲が巨大化して2、3時間降り続いたりする事がよくあります。夏の風物詩といったところです。先週末は季節先取りの快適な陽気でしたが、それだけに昨日今日の猛暑はこたえますね

障害者雇用率とは。。

shingou_mushi.png

国の各省庁、地方自治体といった公的機関で相次いで発覚した障害者雇用率水増し問題。障害者雇用率制度は聞いた事がないという人も多いと思います。どういった制度なんでしょうか。。

民間企業と独立行政法人を含む各公的機関には、企業、各機関が常時雇用する労働者の数に障害者雇用率をかけた人数の障害者を雇用しなければなりません。障害者雇用率は、民間企業は2・2%で、従業員45・5人に対して障害者を1人雇用する計算になります。端数がありますが、従業員の週の労働時間が20時間以上30時間未満の場合は、0・5人で計算します。従業員45人未満の事業所に関しては、計算しても1人に満たないので、障害者雇用の義務はありません。民間企業の場合、事業所単位ではなく企業単位で計算します。一方、公的機関の雇用率は2・5%で、民間企業より少し厳しくなっています。また、障害の程度や労働時間によって1人を2人になる場合や0・5人になる場合もあります。

達成されない場合のペナルティは、常時雇用労働者101人以上の民間企業を対象に、不足1人あたり月額5万円の納付金が課せられます。逆に法定雇用率を上回る障害者を雇用した企業には、申請した場合に調整金、報奨金が支給されます。また、従業員45・5人以上の事業者や公的機関は、毎年障害者の雇用状況を報告しなければなりません。

今回、公的機関で相次いで発覚したのは、障害者手帳のない人に対しても障害者手帳の取得要件に該当しないような症状を自分たちの判断で障害者としてカウントしていたという事例が多いようです。法律を一言一句厳密に取り扱う公的機関としては妙にお粗末な気もしますが、雇用状況報告書の厚生労働省のチェックも甘くて、公的機関も不正をしている認識はほとんどなかったのではないでしょうか。また、こういった不祥事が発覚すると、「赤信号 みんなで渡れば怖くない」的にあちらこちらで同じ様な案件が発覚しますね。後から発覚して隠していた的な印象を持たれるとダメージが大きくなりますから。そもそも公的機関には納付金のペナルティを支払う必要はありません。就業形態や業務内容といったところで障害者を健常者同様の仕事をしてもらう事が困難なのでという事なんでしょうか。本来旗振り役とならなくてはいけない公的機関と、それを取り締まるはずの厚生労働省、共々障害者雇用について真剣さが足りなかったと言われても仕方ないでしょう。

プレイバック 1984年

baseball_koushien_kyujou.png

第100回を迎えた夏の高校野球。秋田県代表の金足農業が決勝まできましたね初戦の鹿児島実業に勝った時に大会屈指の好投手、吉田を中心にまとまった好チームで今大会の台風の目になりそうかなと思っていましたが、その後も大垣日大、横浜、近江、日大三高と強豪校をなぎ倒しての決勝進出で台風の目どころか主役ですね。優勝候補の大本命、大阪桐蔭との決勝は楽しみしかありません

金足農業の活躍で茨城在住の私が思い出したのが、1984年の第66回で優勝した取手二高です。当時はKKコンビのPL学園が優勝候補の大本命で、一方の茨城県代表は夏の大会はほぼ毎年初戦敗退という状況で、小学生だった私も幼心に「茨城は弱いなあ」と毎年のようにつまらない思いをしていた記憶があります。PL学園はテレビでユニフォームやあの人文字の応援を見るのも嫌なくらい、憎たらしいほど強かった印象でした。当時の取手二高は、まだ無名だった木内監督が率いて、石田投手を中心にまとまった好チームで、春に8強まで進出しました。そして迎えた夏にあれよあれよの快進撃でついに決勝進出を果たします。一方PLは準決勝で金足農業に苦戦するものの、順当に決勝まで勝ち上がり、当然のようにPL優勝だろうと戦前は言われていました。PL圧倒の下馬評を覆して優勝した取手二高。茨城県でもまさか取手二高があのPLに勝って優勝できると思っていた人は少なかったと思います。木内監督はその後、常総学院に移っての活躍はご存知の通りでしょう。一方で中心選手だった石田投手は、2008年にわずか41歳の若さで亡くなってしまいました。

この1984年は、夏の甲子園で取手二高が優勝した1ヶ月後の大相撲秋場所で茨城県日立市出身の多賀竜がまさかの平幕優勝を果たして、茨城県のスポーツ界にとっては盆と正月が一気に来たような盛況でした。多賀竜もどちらかと言うと地味な力士で、失礼ながらとても幕内で優勝するようなイメージはなかったです。横綱千代の富士や入幕2場所目で黒船襲来と言われた小錦がいた中での優勝は驚きでしたし、テレビの前にかぶりついて応援していました。そして、翌85年には、つくばで科学万博が開催されました。全国から茨城が注目された2年間でした。

今回も下馬評は大阪桐蔭が圧倒していると思いますが、金足農業も投手中心にまとまっているチームなので、いい勝負ができると思います。東北勢初の優勝も期待できるのではと密かに思っています。

ゴール前 最後の追い込み

test_shiken_businesswoman.png

と言っても競馬の話ではありません次の週末の26日は、今年の社会保険労務士試験の日です。受験される方は、お盆も関係なしでそれこそ最後の追い込みの時期です。とは言うものの、この段階までくると基礎的なところは出来て当たり前で、大体は模擬試験などの実戦的な演習を重ねて苦手なところの知識を中心に見直したりするくらいで、あとは体調を整えて当日を待つといったところです。

自分の場合は、知識ゼロからのスタートですので、空いている時間があればトコトンやりました。後にも先にもこれほど勉強に打ち込んだ事はないというくらいやったと思います。じゃあどういう風に勉強を進めたかと言うと、某大手校の通信講座を愚直にひたすらやりました。私自身、合格したのは2回目でしたが、模擬試験での結果も実に正直で、1回目の時はほとんど合格点は取れませんでした。結果、選択式の1科目に沈みました。2回目の時は、直前期の模試で合格点が取れたので、手応えを持って挑みましたがやはり選択式の問題に苦しみました。

私の頃は、午前中に5肢択一問題が3時間半の長丁場で、昼休みを挟んで午後に選択穴埋め問題という順番でしたが、現在は逆のようですね。現在の選択穴埋め問題が先というのは精神的にかなりキツいのではと思います。8科目、それぞれ5つの穴を語群から選んで入れる形で、8科目全て3つ以上正解しないと原則不合格になってしまいますが、難易度によって調整はあるので合格発表のある11月上旬までボーダー上の人は生きた心地がしない日々が続きます自分もそうでした。なので、午前中の選択式で失敗したかなと思っている人は午後の長丁場の択一式の試験を平常心で臨む事が難しいかも知れません。選択式は2科目くらいはテキストに掲載していないような難しい知識や文章力を問う設問があります。一方、択一式も近年、正しいのはいくつかといった個数を問うような設問が登場して難易度が上がっているとの事です。意外に3時間半は短く感じます。

試験前日まで勉強しかしていなかったかと言うと、実はそうでもありません。確かにやる時は納得いくまでやっていましたが、自分の余暇の時間をまるっきり犠牲にしたわけではなく、週末に競馬を楽しんだり、2回目の合格した試験の1ヶ月前に名古屋、伊勢まで友人と旅行したりしていました。旅行してもそれまでやってきた事が揺らぐような事はないつもりではいましたが、実際、合格出来てよかったと思っています

秋一番

fullsizeoutput_7c.jpeg

これまでの蒸し暑さから一転、朝から澄んだ青空にカラッとした陽気となり、秋の空気に包まれました天高く馬肥ゆる秋と呼ぶにはまだ早いですが、空の高さを感じる青空でしたね

fullsizeoutput_7f.jpeg

これが今朝の天気図ですが、西に高気圧で東に低気圧。いわゆる西高東低で冬のような気圧配置ですね。なので今日は終日、北よりの乾いた強い風が吹いていました。こういう用語はありませんが、秋一番といってもいいでしょう水戸は28度くらいまで上がりましたが、昼間の湿度が30%台で爽やかな体感でしたね。北海道の大雪山系では雪も降ったらしいです。明日の朝はこの時季としては少しヒンヤリするくらいになるでしょうね。

ただし、来週の中頃からは猛暑が復活しそうです。一度秋のような陽気を体感した後の暑さのぶり返しは身体にこたえそうです。まだまだ熱中症に警戒しなければいけない日々は続きそうです。

職探しは思い立ったが吉日

eto_inu_banzai.png

正社員や契約社員といった直接雇用での求職の手段として「紹介予定派遣」というものがある事は、前回8月12日更新の日雇派遣summaryで名前だけ触れましたが、今回は少し中身について触れてみようと思います。

紹介予定派遣は、派遣先の会社と直接雇用を前提として最大で6ヶ月の期間、まず派遣社員として就業し、期間終了後に派遣先の会社と正式に直接雇用契約をして就業するという形です。直接雇用を前提としている事もあってまず、派遣社員として就業する前に派遣先の会社の筆記試験や面接がある場合があります。採用されると、まず派遣社員という立場で最大6ヶ月間就業し、派遣先の会社は、その人が直接雇用に相応しい人材かをその6ヶ月以内の期間で判断します。と言うのは、通常の派遣の場合と違って、紹介予定派遣は派遣社員としての契約期間の更新はできません。期間内で必ず白黒をつけなければなりません。派遣先企業の判断次第では、直接雇用としては不採用となる場合もあり、その場合は、派遣社員としての6ヶ月以内の期間が満了したら契約が終了となります。それと、直接雇用として採用された場合でも、正社員とは限らず、契約社員の場合もありますので、事前にしっかり調べておく必要があるでしょう。

他に正社員の職を探す手段としては、ハロワの活用、フリーペーパーや求人広告がオーソドックスな手段でしょう。ただ後者はどちらかと言うとバイトやパート、派遣社員の募集が多いように思えます。それといずれの手段にしても、年齢が高くなるにつれて厳しくなるという事が現実です。最近では、自治体主催のマッチング会がある場合もあります。それと身の回りの信頼できる友人、知人、親類といったツテでそういった話があれば話を聞いてみるのもいいでしょう。安定した仕事を探したいという意思が少しでもあるならば、(良い意味で)犬も歩けば棒に当たるで、立ち止まらずにいろんな手段を駆使して動いた方がいいと思います。

日雇派遣summary

business_roudoujouken_tuuchisyo-2.png

今回は日雇労働と日雇派遣について少し触れてみようと思います。まず、日雇の範囲ですが、本来の日雇労働のイメージである日々雇用される者以外に、雇用保険法では30日以内の期間を定めて雇用される者も日雇労働者として定義されます。なので、雇用保険の加入条件として31日以上の雇用の見込みがある者という要件があります。また、社会保険(健康保険・厚生年金)に関しては、2ヶ月以内の期間を定めて雇用される者は、日雇労働者という扱いとなりますので、加入対象者からは外れます。ただ、日雇労働そのものは全く違法ではありません。

一方、日雇派遣は原則違法です。通常の労働契約は就業する事業所と直接結ぶ者ですが、派遣は労働者と事業所の間に派遣会社という第三者が入ります。労働契約は派遣会社と、指揮命令は就業事業所と別々になっている、歪とも言える就業形態です。10年ほど前に派遣切りが社会問題になり、とりわけ雇用期間の短い日雇派遣は不安定労働の中心的存在という事で原則禁止となりました。しかし、全面的に禁止としたわけではなく、例外として次に該当する者に日雇派遣を認めました。
①60歳以上
②学生(雇用保険の適用を受けていない者)
③年収500万円以上
④世帯収入500万円以上で、主たる生計者ではない者
①は主に定年退職をしたシルバー世代、②はまだ社会に出る前の学生さんのバイトとして、③は主に自営業などでまとまった収入がある人の副業、④は主婦(夫)の扶養範囲内での就業を前提にしてるのではと思います。この④のケースは、本人も含めた世帯全員の収入が500万円以上あって、日雇派遣を希望する本人が世帯収入の半分を超えていない場合という意味です。こうして見ると、働き盛りの現役世代の者が、やむなく日雇派遣で主生計を立てるような働き方を想定していない事が分かります。③のような収入がある者が日雇派遣をするとは思えませんから、日雇派遣の担い手はシルバー世代、学生、主婦(夫)と言えるでしょう。

やはり問題はこの担い手から外れているとも言える現役世代でやむなくの方でしょう。派遣切り問題で不安定さがクローズアップされて原則禁止となった経緯をもつ日雇派遣です。もし、正社員なり直接雇用で就職したいと考えているとしたら、一時しのぎでも日雇派遣はやらない方がいいと私は思います。と言うのは日雇派遣(通常の派遣労働も)で仕事を始める事によって、就活が後回しになってダラダラと時間だけが経過する事によって、「就活いいや」という気持ちになってズルズルいってしまいがちになるからです。そもそも賃金水準が低いので、ひとたび仕事を始めると、派遣の仕事がメインの生活になってしまいます。就活する時間がなくなるうちに、就活する事を考えなくなってしまいます。若いうちは本人次第でやり直しはききますが、30代半ばを過ぎるとそうはいかなくなります。海水浴で危険な離岸流のようなものと言えるかも知れません。正社員なり直接雇用で就職を考えている方で、派遣を活用したいなら紹介予定派遣を活用すべきです。

有給休暇の計画的付与とは?

calender_woman.png

有給休暇は雇入れ後6ヶ月が経過し、その期間中8割以上の出勤率がある事を条件に、週5のフルタイムの方で10日分が与えられ、その後、1年ごとに更新があります。期間内に消化されなかった分は、有給休暇の時効が2年なので、規定に従う形で更新後に繰り越されます。そうなると雇入れ後6年6ヶ月が経過すると、それ以降は更新の度に法定で20日分と、前回消化されなかった分が繰り越されますので、多い場合、40日分の有給休暇が付与される事となります。そのような状況もあるだけに有給取得率は高くありません(他にも取得率が低い理由はありますが、、)そこで、有給休暇をできるだけ多く取得してもらおうと会社指示による年次有給休暇の計画的付与を制度として法律で認めました。

本来、有給休暇は従業員が休暇をとりたい場合に会社に事前に申し出ていただくものです。これを時季指定権といいます。会社側は、従業員の申し立てに対して、休まれる事によって事業の正常な運営を妨げる場合に、時季をずらしてもらう等の措置をとる事ができます。これを時季変更権といいます。

有給休暇の計画的付与には、この時季指定権と時季変更権の関係がありません。労使協定を結んで、会社側が指定した日を有給休暇として強制的にとってもらおうというものです。なので、従業員側がこの日は出勤したいからと言って突っぱねる事はできません。

計画的付与に使える日数は、各人の休暇日数のうち、5日を除く日数です。言い換えると、各々少なくとも、休暇日数のうち5日は自由に利用できるという事です。ただ、入社して間もない有給休暇の付与日数がゼロの従業員もいるかも知れません。その場合は、休業手当で平均賃金の60%以上を会社が従業員に支払う必要があります。

お盆休みは、この制度を活用して長期の連休にしている企業も多くあります。1年のうちで最も暑い時季の貴重な骨休みの期間ですから、日常を忘れて束の間の夏休みをゆっくり満喫したいものですね

プロフィール

藤嶋親方

Author:藤嶋親方
ご来訪ありがとうございます。茨城県東海村で社労士を開業している藤嶋です。 
社会保険制度を分かりやすく、出来るだけゆるく、時に日常の何気ない話等を綴っていきます。
どうぞお付き合い下さい。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ