FC2ブログ

GWの名勝負 天皇賞

keiba_banushi.png

天皇賞といえば、普段競馬を見ない人でも知ってるレース名だと思います。今回で数えること157回目を迎えます。回数を見ると江戸時代からの伝統なのかと思うかも知れませんが、天皇賞は春と秋に年2回開催されます。その年2回の天皇賞、春は京都競馬場の3200m、秋は東京競馬場の2000mで施行されるので、全く性質の違うレースです。春と秋を連覇するのはスーパーホースの領域でないと難しいです。まして今は距離体系が整備され、馬の適性に合わせたレース選択が確立されたので、両方のレースにチャレンジする事自体少なくなりました。

先日、その春と秋の天皇賞を1999年に連覇したスペシャルウィークが亡くなったという訃報がありました。春はセイウンスカイ、メジロブライトと3強を形成して挑み、終わってみるとライバル2頭に決定的な内容で完勝という内容でした。秋は前哨戦で意外な大敗を喫し、馬の状態も良くないと見られて4番人気に甘んじましたが、レースでは強いスペシャルウィークを取り戻し、強さを信じていたファンにとっては思わぬ高配当のプレゼントのおまけまでついて喜んだ事だと思います。武豊騎手に初めてのダービー制覇をもたらした馬でもあり、一つの時代を築いていきました。

春の天皇賞は陸上に例えればマラソンレースです。時代の盟主を決めるレースに相応しい名勝負がいくつもありました。個人的には、長距離のレースは好きです。予想も適性やら展開やらあれこれ考えますし、3000m以上のレースは数が少ないので、想像力を勝手に膨らませて予想します。以前は長距離戦でそこそこの配当を取ったりもしましたが、最近はサッパリです

ただ最近は時代が2000m前後の中距離のスピードを求めている傾向にあり、長距離は時代から取り残されている傾向にあります。GⅠレースと呼ばれる大レースは、繁殖馬を選定する意味合いもあるので、時代から取り残された長距離の春の天皇賞を勝ったところで繁殖馬としての価値は上がっていきません。更に路線体系が整備された事や、海外遠征に活路を求める傾向が強くなった事で、春の天皇賞に限らずトップクラスの馬が集結しづらくなっています。

今回は大魔神佐々木主浩氏の所有するシュヴァルグランが人気の中心でしょう。ただ、敢えて距離が適性より短いのに参戦した2000mの大阪杯の大敗はいくらなんでも負けすぎのような気はします。他の馬も一長一短で力差はなく、難しいです。見応えのある好レースを期待したいです。



スポンサーサイト



今日の新聞を見て、、

video_syazai_man.png

TOKIOの山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検されたニュースが話題になってますね。気になったのは新聞等の表記が山口達也メンバーとなっていた事一部の新聞では容疑者と表記していましたが、この『メンバー』という表記には、このような表記を見た記憶がなかったので何だこれはと率直に感じましたね。私、結構どうでもいいような事が気になるタイプです

事件の内容についてや、なぜメンバー表記なのかは色々な所で語り尽くされているのでここでは特に触れません。調べてみると過去にも島田紳助司会者とか、布袋寅泰ギタリストとか、小泉今日子タレントとかそのまんまやんと思うような訳の分からない表記があったらしいですね。有名人の書類送検レベルの不祥事だと容疑者を使わない場合が多いようですが、かと言ってメンバー等の表記は違和感があると言うか、失礼ながら少し笑ってしまいました。それだったら、さんor氏でもいいような気はするし、呼び捨てでも良いのかなと思います。



厚生年金でのメリットが大きい障害年金

nenkin_techou_blue.png

会社に就職した場合、労働時間や収入などによる例外的な場合や、個人事業所の任意適用に該当する場合でない限りは社会保険に加入する事となります。社会保険に加入と聞くと、手取りが減るので何とか加入しなくてもと考えるのも当然といえば当然かなと思います。そこで今一度、社会保険加入のメリットについて考えてみましょう。その中でも、障害年金は老齢年金以上にメリットがあると言えます。

まず前提として障害年金を申請する場合、基礎年金での申請になるのか、厚生年金の申請になるかは、初診日に加入していた方の年金で決まります。例えば、厚生年金に加入していた期間が30年以上あった人が障害年金を申請しようとする場合でも、初診日に加入していたのが国民年金だった場合、障害基礎年金での申請となります。厚生年金に加入していた期間はこの場合、全く反映されません。

逆に言うと、初診日に加入していたのが厚生年金で、厚生年金に加入していた期間が1ヶ月という場合は、障害厚生年金で申請できます。そればかりか障害厚生年金には300ヶ月ルールというものがあり、厚生年金に加入していた期間が短い人でも、300ヶ月分で支給額を計算しましょうというルールになっています。

等級でいうと、障害基礎年金は1級と2級のみですが、障害厚生年金は1級、2級、3級、障害手当金まであります。3級は労働に著しい制限がある程度という一応の定義はあります。人工関節や心臓のペースメーカー挿入などが3級となります。障害手当金は初診日から5年以内に治癒(症状固定)したものの、3級より軽い障害が残った場合に一時金が支給されます。

障害年金は一定の年齢に達した場合に誰もが支給できる老齢年金とは違い、不幸にして病気や怪我などで日常生活に支障がでた場合に支給されるもので、誰もが支給できるものではありません(なので、年金機構から該当者に通知がいくのではなく、自分で申請しなければなりません)健康な時はまさかの時の事はあまり考えたりはしないでしょうし、不吉なと思っておられる方もいるかも知れません。社会保険の高い保険料に対する幾つかのメリットがある事を頭の片隅に入れておいて損はないかなと思います。




お暑うございます

fullsizeoutput_5c.jpeg

まるで暑中見舞いのご挨拶みたいですが、季節先取りの暑さですね。真夏の湿気ムンムンで不快な暑さとは違って、カラッとした暑さですが、今の時季はまだ暑さに慣れてないので数字以上にキツいですねそれにしても冬らしい寒さが続いた2月までとは一転して、3月以降は季節外れの異常高温が継続してるような気がします。桜もあっという間に開花から満開、そして散って葉桜になったのも高温が影響しているのでしょう。今年に限らず、ここ最近は気温が高くて雨もまとまって降ることが多くなったような気がします。逆に海の向こうのアメリカでは寒波と雪でメジャーリーグの試合が中止になるというニュースもありました。

こう気温が高いと、小動物が元気ですねすでにスズメバチは飛んでるし、アスファルトの上で毛虫が移動してたりしてます。毛虫は道路を横断する最中に大半が車に踏まれて潰されてしまいます。潰された姿を見て、はかなさも少し感じます。蜂と言えば、空き家調査の最中に首筋を不意にチクリとやられた事があります自転車に乗っていて前から蜂らしき虫が飛んできてやり過ごしたと思った次の瞬間、首筋をチクリと痛みが走りました。種類は分かりませんが(虻かも)黒い鞄を背負っていたのでやられたのでしょう。

暑い時の作業には、熱中症対策が必須です。屋外作業はもちろん、屋内作業でも製造業などは特に気をつけなければいけません。水分や塩分補給は基本でしょう。出来るのであれば首に冷たいものを巻いたりすれば違うと思いますが、作業条件によっては不可能な場合もあります。仕事ですので、作業優先なのは当然ではありますが、熱中症は命に関わります。適宜に水分や塩分を摂らせて無理をさせない事が最低限必要かなと思います。

あと小さいお子さんを車に置いたままにする事は、絶対にしないでください。

障害年金は支給決定後も注意

building_nenkin_jimusyo.png


障害年金は等級が認定されて支給が決まればずっともらえるものではありません。肢体切断など、症状が固定される場合は永久認定といって更新手続なく支給されますが、大半の場合、有期認定といって障害の状態によって概ね1〜5年ごとに障害の状態の確認が必要となります。新たに診断書を作成してもらい、提出して審査という形となります。結果、障害の状態が軽くなった場合、等級が変わったり障害年金が支給停止になります。

支給停止といっても、障害年金の受給権そのものが失われるわけではありません。障害年金の失権事由は、
①障害年金3級にあてはまらない状態で65歳を迎えた場合
②障害年金3級に当てはまらない状態で3年経過した場合
のどちらか遅い方に該当した場合です。つまり、65歳になるまでは失権しません。支給停止後に障害の状態が悪化した場合は、診断書と支給停止事由消滅届を年金事務所に提出して、障害年金の支給を再開させる事ができます。

障害年金1、2級の場合、国民年金に関しては、法定免除の対象となり、保険料の納付が免除されます。注意したいのは、法定免除(全額免除)の場合、老齢基礎年金の受給の際に反映される額は通常の半分となります(会社勤めで厚生年金保険料を納めてる場合は除きます)障害の状態が軽快して支給停止となり、65歳を迎えて障害年金が失権になった場合に、老齢基礎年金の支給額がこのケースに当てはまってもらえる額が少なくなる場合が出てきます。免除が認められた場合でも、追納という制度で過去10年以内のぶんは保険料を納めて老齢年金の支給を通常に戻す事はできます。

法定免除であれ、申請免除であれ免除が認められた場合でも、後にもらえる老齢年金の減額がある事は注意が必要です。申請免除に関しては、3月8日更新の国民年金 申請免除summaryも参照ください。





空き家問題について

building_akiya.png


前回の更新でも触れましたが、笠間市には以前、空き家調査で通っていました。あくまで外観から目視で空き家かどうかを判断する調査でしたが、一通り回ってみて考えさせられる事はありました。私自身は地方自治や空き家対策の専門家ではありませんので、そこはご了承ください。

空き家と思われる家も様々で、新築同然のものもあれば、手入れがされてなくて庭が草ボーボーで足の踏み場もないような物件や、外壁が剥がれてたり、建物が傾いて倒壊の危険性があるもの、衛生上かなりヤバそうなもの等、いろいろありました。そういう調査をしてると、空き家の周辺に居住している方が声をかけてきます。空き家が火事になったり、不審者の侵入などを不安に感じている声はよく聞かれました。中にはハクビシンが住みついて畑を荒らされたという話も聞きました。当時はまだ空き家対策特措法の施行前なので、所有者が家屋を取り壊そうとしない限り、そのまま放置されるのが当然でした。なぜなら家を壊して更地にすると、固定資産税の特例を受けられなくなるからです。

平成27年に特措法が施行され、倒壊の危険性、衛生面、景観を著しく損ねる等の劣悪な空き家に関しては、特定空き家に認定され、自治体にもある程度の権限が与えられるようになり、自治体の勧告を無視した場合は、固定資産税の優遇措置を受けられなくなったり、命令を無視した場合、強制撤去になる事もあるようです。

笠間市は、空き家バンクという制度があります。所有者の了解を得た空き家を登録し、入居希望者を探そうという制度です。市のHPを見ても、空き家バンク制度で空き家の再利用にかなり力を入れてるんだなというのがよく分かります。

家を手放せない理由はそれぞれですし、再利用できない空き家だと、固定資産税の問題もあるので壊すのを躊躇するのもなかなか難しいのかなと思います。特定空き家に認定されないレベルの空き家だと、自治体にも権限が及ばないので所有者次第にならざるを得ないのかなと思います。少子高齢化が進んでいく中で、今後さらに難しさを増していく問題だと、調査を通じて感じました。



まつりの街 笠間

fullsizeoutput_57.jpeg




4年ぶりくらいに笠間市に行ってきました。その4年前は空き家調査という仕事でしばらく笠間市に通っていましたが、それ以来でしたので街並みが少し懐かしく感じました。空き家問題についてはまたの機会という事にして、今回は観光都市として魅力的な笠間市を少し紹介したいと思います。

有名なのは笠間稲荷神社と笠間焼で知られるように、陶芸の街という事です。笠間地区には陶芸の窯付きの一戸建ても少なくありません。そのほか、笠間地区ですと、坂本九が幼少の頃育った家や、北大路魯山人の住居といわれる春風萬里荘があります。また友部地区には映画『永遠の0』のロケ地で知られる筑波海軍航空隊記念館があります。

もう一つ、笠間市は年間通して『まつり』と銘打つイベントが多いです。近いところではつつじまつりが5月の上旬まであります。笠間稲荷神社の東側にそそり立つ富士山がつつじ公園になっています。富士山の東側の山が佐白山(笠間城址)です。その佐白山の南麓にある笠間芸術の森公園でゴールデンウイーク期間に開催されるのが笠間の陶炎祭(ひまつり)です。窯元や陶芸家が集結して大規模な陶器市でにぎわいを見せます。

関東の小京都と呼ばれる笠間、気軽に散歩するには見所も多くて魅力的な街だと思います。


fullsizeoutput_5a.jpeg



競馬っていいもんですよ!

animal_horse_thoroughbred_brown.png


みなさんにとって競馬ってどんなイメージでしょうか?私の周囲は、ただのギャンブルというイメージで見てる方が少なくないですね。実は私、結構好きですすごく面白いし、時にレースを見て感動する事もありますし、生で観戦した時の臨場感はなかなか味わえないものがあります。自分なりの知識を身につけて、自分なりにレースを推理して100円から馬券を楽しめるんですから面白いですし、100人いれば100通りの楽しみ方があると思います。要は破滅しないように楽しめばいいんです。予想する事が頭の体操になりますし、現地で生観戦すれば、忙しないほどにあちこち歩き回るので意外と良い運動にもなります。週末に1レースだけ馬券を買って、テレビの前で絶叫するだけでもストレスを発散出来たりします

なぜ競馬を今回取り上げたかというと、今日4月14日、名勝負と言っていいレースがありました。中山グランドジャンプという障害物競走の大レースがありました。このカテゴリーには大横綱のオジュウチョウサンという馬がいます。これに対抗するのがアップトゥデイトという馬です。この2頭、昨年暮れの中山大障害という大レースでも対戦していてその時はハイペースでアップトゥデイトが逃げ、これをオジュウチョウサンが追う展開。最後の直線は3着以下は大きく離されて逃げるアップトゥデイトをオジュウチョウサンがゴール前で捕まえて大横綱の貫禄を示したと同時に、アップトゥデイトは宿敵相手にGⅠレースで3連敗となり、渾身の逃げも実りませんでした。とは言え、死力を尽くした2頭のぶつかり合いは2017年の最高の名勝負と言われました。

そして迎えた今回、オジュウチョウサンの状態は決して万全ではなかったと思います。と言うのも前哨戦のレースを体調が優れずに回避、ぶっつけ本番でした。対してアップトゥデイトは前哨戦のレースを勝ち、万全の状態で今回を迎えたと思われます。レースは2頭が前で小細工なしに進める展開でしたが、伏兵馬が一矢を報いるべく、レースを突っついてきてハイペースになり、両雄共倒れになってもおかしくないほど厳しいレースになりました。それでもこの両雄2頭は力が違いました。特に大横綱オジュウチョウサンは最後の4コーナーで先頭に立ってからは独壇場でしたね。決して順調とは言えない中でのこの強さには感動しましたね負けたアップトゥデイトも3着以下をちぎっての2着なので、相手が悪かったとしか言い様がありません。オジュウチョウサンがいなければ、アップトゥデイトが大横綱です。アップトゥデイトに騎乗している林騎手は引退を表明してますが、せめてアップトゥデイトが引退するまで現役でいて騎乗してほしいなと思います。今回も素晴らしい名勝負でした。

この2頭が顔を合わせると、意地の張り合いのようなレースになるので、力勝負になっていいレースになります。明日は3歳馬による皐月賞があります。天気は気になりますが、いいレースを期待したいです

雇用保険の給付は失業だけではありません!

building_hellowork-2.png


学生の頃はまるで勉強しなかった私も、社会保険労務士の受験勉強は自分で言うのもおこがましいですが、勉強しました。なにせ知識ゼロからのスタートでしたから、某大手受験対策校の通信講座を利用して、愚直にその通りカリキュラムを実践してやりました。学校へ行くにしても通信を受けるにしても、学費は正直言って高いです。仕事をしながら資格取得のための勉強をする方に活用していただきたいのが雇用保険から給付がある教育訓練給付です。

まず原則の一般教育訓練制度の給付要件は、受講開始日段階で雇用保険に加入していて3年以上(初めて給付を受ける場合は1年以上)の期間が必要です。転職した場合も、ブランクが1年以内なら通算できます。退職していて雇用保険に加入していない場合は、退職後1年以内であればOKです。
支給額は受講のために支払った入学料や受講料の2割です(上限は10万円)学費に要した額の2割が最大10万円の範囲で雇用保険から戻ってくるのです。

また、指定された国家資格等の取得を目的とした講座を受けた場合、学費の5割が雇用保険から戻ってくる専門実践教育訓練という上級の制度があります。主に1〜3年程度の講座が対象で、受講終了後に資格を取得し、終了日の翌日から1年以内に雇用保険に加入されるような就職をされたか、既に雇用保険に入られている方は、更に2割相当額の追加支給があります。

いずれの場合も学校の教育訓練給付の案内を見たりして受けようとしている講座が対象なのか確認をした方がいいと思います。

雇用保険は、失業手当のイメージが強く、失業したときのものというふうに捉えられがちですが、会社勤めしている方も活用できる制度なのです。今回は詳細は割愛しますが、育児休業給付や介護休業給付も雇用保険の給付で、会社勤めの方が対象です。

葉桜の下での入学式

fullsizeoutput_55.jpeg


入学式があちらこちらであったようです。高校までは、決まったレールが敷かれていてそれにきちんと乗っていく感じですが、大学はある程度自由に自分でカリキュラムを組んで、そこから先は自己責任になります。

私の場合は、当時は都会で一人暮らしをしてみたいという気持ちがかなり強くて、地元の大学は受けずに県外の大学ばかり受けてましたね。勉強が苦手で結局、都会の大学には行けませんでしたが、北関東のある大学に合格し、念願の一人暮らしをスタートする事ができました。入学式の頃は、4年後の卒業後の自分は全くイメージしていませんでしたね。だいぶ先の事という認識でしたから、考えが及ばなかったです。少なくとも3年の前半くらいまでは自由に過ごせるんだといった考えでした。

でもいざ4年間終わってみると、あっという間だったなと思います。大学にいるからこそ出来る経験を積まないと、4年間勿体無いことになるし、なかなか社会に出て勉強しようと思っても、仕事と勉強の両立は難しいです。

あと社労士の立場で言うと、大学に在籍している間に国民年金加入の時を迎える方が大半かなと思います。良い機会だと思いますので社会保障について、少し周りの人と話してみるのもいいのかなと思います。

プロフィール

藤嶋親方

Author:藤嶋親方
ご来訪ありがとうございます。茨城県東海村で社労士を開業している藤嶋です。 
社会保険制度を分かりやすく、出来るだけゆるく、時に日常の何気ない話等を綴っていきます。
どうぞお付き合い下さい。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ