FC2ブログ

まさかのための傷病手当金

money_safety_net.png
ガンなどの病気や、骨折などのケガで仕事を長期間休んで療養を余儀無くされることもあるかも知れません。その場合、休んだ期間中の収入はどうなってしまうのか不安もあるでしょう。

実は健康保険に、そういう人のための傷病手当金という給付があります。

病気やケガの療養のために連続して3日以上休んだ場合に、4日目以上の休んだの分から所定の手続きをした場合に給付があります。最初の3日間は、待機期間といって給付はありませんが、この期間は連続して休んでる事が支給の要件となります(有給休暇や、会社の公休日は含みます)待機期間をクリアすれば、出勤を挟んでいても療養のために休んだ分が給付の対象となります。給付の対象となる期間は、支給開始から暦日で1年6ヶ月です(待機期間は含みません。傷病手当金が支給されませんので)対象の方は会社に手続きを依頼しましょう。

また、出産手当金といって、産前産後休業の方を対象とした給付があります。こちらは、傷病手当金のような待機期間はありません。対象期間は産前6週間(多胎妊娠14週間)および産後8週間です。出産の日は産前になります。なお、産前産後休業期間は社会保険料が対象の従業員、事業主とも免除されますので、免除の手続きを忘れないようにして下さい(お子さんが最長3歳までの育児休業も社会保険料免除の対象となります)

なお、両手当金とも、市町村窓口の国民健康保険にはありません。この傷病手当金、出産手当金の有無こそが、国民健康保険と社保の健康保険の大きな違いと言えます。

スポンサーサイト



平昌五輪 大盛況のうちに閉幕

sports_curling_woman.png
平昌オリンピックが今日閉幕し、日本は冬季五輪では最高の13個のメダルを獲得しました。国を挙げての選手強化も身を結んだのでしょうけど、やはり今回メダルに惜しくも手が届かなかった選手も含めて、私達が想像を絶するような努力の賜物ではないでしょうか。私のようなものがおごがましいですが、選手の皆さんお疲れ様でした。

また、カーリングのそだねーなどの名言も生まれました。そだねーは年末の流行語大賞でも話題になるかも知れませんね。

スポーツの大きいイベントが終わるとロス気味になる人も多いと思いますが、今年は特にそんなヒマはないですね。来月9日からは平昌パラリンピックが開幕します。オリンピック同様、日本選手の活躍に注目しましょう。そして6月には、W杯ロシア大会があります。


そもそも社会保険って、、

image1.jpg
社会保険って、いったい何のことを言っているのでしょう?

実は私も、若い頃は恥ずかしながら全く分かりませんでした。年金や健康保険の事とは知らずに、漠然としたイメージで保険屋さんが扱っているような生命保険みたいなものなのかなと思っていたくらいですから、今思えば笑い話みたいな話ですよね。流石にこれほどではないにせよ、分かっているようで何のこっちゃと思っておられる方は少なくないのではと思います。そこでざっくりとイメージを説明します。

まず、大きく2つに分類されます。1つは、労災保険と雇用保険でワンセットです。こちらを実務上は労働保険と呼びます。(以後、労働保険)行われる給付は、労働が前提にあります。

もう1つが健康保険と厚生年金保険と介護保険でワンセットとなります。実務上は、こちらを社会保険と言っています。(以後、社会保険)こちらで行われる給付は、労働が前提ではなく、私生活での出来事が主となります。国民健康保険が健康保険に、国民年金が厚生年金にバージョンアップされるイメージを持っていただければよろしいでしょう。なお、介護保険は40歳を迎えた時に加入が義務づけられます。

あと、意外に年金手帳を紛失される方が多いです。使う機会が少ないので、使おうとする時に保管場所を忘れてしまったりとかあると思います。その場合は年金事務所(国民年金の方は役所でも可)へ届け出をすれば再発行してくれます。その場合、前職などが分かれば、スムーズに手続きが進みます。


ブログ始めました

badge_syaroushi.png
こんにちは。東海村で社会保険労務士を開業している藤嶋です。

まず、タイトルの藤嶋部屋なんですが、昔、大相撲で若貴兄弟が社会現象になるほど人気がありました。その若貴兄弟の師匠が、兄弟の父でもある藤島親方で、その藤島部屋は当時相撲界で最も有名な相撲部屋でした。なので、私は中学、高校、社会人と親方というあだ名で多くの人から呼ばれていました。そういうご縁もあり、今回使わせていただきました。

ブログでは、一応私も社労士なので、社会保険制度についてや労働問題などの話を中心に、日常の出来事やふと思ったことなども綴ろうかなと思っています。

なるべく小難しい話はせずに、入門編のような基礎的な内容を簡潔に分かりやすく綴っていきたいと思っています。なかなかこういう分野の話は普段考えたり話したりする機会はなかなかないと思いますが、非常に身近で、知っていて損はない内容ばかりです。

今更という話もあるかと思いますが、お付き合いいただければと思います。よろしくお願いします。


プロフィール

藤嶋親方

Author:藤嶋親方
ご来訪ありがとうございます。茨城県東海村で社労士を開業している藤嶋です。 
社会保険制度を分かりやすく、出来るだけゆるく、時に日常の何気ない話等を綴っていきます。
どうぞお付き合い下さい。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ