FC2ブログ

例年以上にスピーディーな桜

sakura_hanabira.png


例年であれば桜が早く咲いても桜花賞の日までは満開になるように調整していた阪神競馬場の桜も今年はだいぶ散ってしまったようです。今年の冬はラニーニャ現象の影響で寒くなると言われましたが、結局は大暖冬で地球温暖化の影響をモロに受ける形となりました。特に2月、3月の記録的高温で桜は早く咲いてしまってすぐに満開になり、早々と葉桜になってしまいました。おそらく今後は入学式の頃は葉桜となるのがスタンダードになるでしょう。それにしても3月の記録的高温がマスコミや気象予報士の間でほとんど話題にならなかったのが不思議です。
桜花賞は久しぶりに天気に翻弄されずに予想出来そうです。超高速馬場で高いレベルのスピード、瞬発力が問われそうです。桜同様、桜花賞もスピード勝負です。 

◎ソングライン
◯ソダシ
▲アールドヴィーヴル
☆ククナ
△サトノレイナス
△アカイトリノムスメ
△ファインルージュ

キャリアの浅い牝馬のレースで難解です。狙ってみたいのがソングライン。紅梅ステークスはスピード能力の高さを示しましたが、その前の未勝利戦でマイルの距離を圧勝しているように距離もOKです。高速馬場を味方に一発を期待します。
白毛のソダシは瞬発力だと分が悪いので早めにスパートして後続を封じ込める形でしょう。ジッと構えて瞬発力勝負で挑んでしまうと黒星がついてしまうかも知れません。
アールドヴィーヴルはクイーンカップは馬体重が大きく減っていて、一気のメンバー強化。それでもアカイトリノムスメとの接戦に持ち込めました。本領発揮はオークスかも知れませんが、能力はここでも足りそうです。
ククナはパンチ力不足ですが、確実に末脚は伸びてきます。相手なりに伸びてきそうで2、3着の穴です。
サトノレイナスは阪神ジュベナイルフィリーズでソダシを目標に手応え良く伸びてきたのに捉え切れませんでした。案外使える脚が短いのかもと思ってます。
アカイトリノムスメは関西圏への輸送、右回りが初めてです。それと内枠を引いたので上手く馬群を捌けるかどうか。国枝厩舎の2頭は枠が逆の方が良かったかも知れません。
ファインルージュはフェアリーステークスが圧勝で、負かしたホウオウイクセルもフラワーカップを勝っているので侮れません。フェアリーステークスが正月の中山で低速馬場、今回が超高速馬場なので対応出来れば勝ってもおかしくはないでしょう。ここ2週は天気に翻弄されて馬場がどの程度悪くなるかが全く読めませんでした。今日は問題なしの良馬場なので、ハズレでも天気のせいには出来ませんね。

スポンサーサイト



時代が変わった近年の競馬

animal_horse_thoroughbred_brown.png


競馬もここ最近、時代が変わったなと痛感させられます。海外遠征一つを見ても昔は最強クラスの馬が世界の強豪に挑んで通用するのかどうかが楽しみでしたが、現在は日本の競走馬のレベルが上がって、ドバイや香港あたりの遠征は、日本のG Iよりも対戦相手が楽で、しかも賞金が高いので、特にノーザンファーム生産馬の使い分けの対象となりました。ノーザン生産馬がトップクラスの大半を占める路線では、一つのレースに多くの馬を出走させると大きい着順になって成績が汚れる馬も出てきます。一口クラブ馬の会員には、1頭の馬が無双するよりも多くの馬に利益が行き渡るようにレースを使って会員を満足させなければなりません。その結果、国内のG Iレースで有力馬が揃って激突する事が少なくなってしまいました。今日の大阪杯はまだG Iとして歴史が浅いですが、ドバイや香港のレースと時期が被りますので、手薄なメンバーになりがちです。
それと今回の大阪杯は、直近の前哨戦の金鯱賞、中山記念、京都記念の勝ち馬が出走していません。中山記念に至っては勝ち馬以外の出走もありません。有力馬は全て今年初戦の馬です。少し前まではあり得ない事でしたが、現在はノーザンの馬は使い分け、非ノーザンの馬はノーザンの馬には敵わないのでG3やリステッド競争を使います。こういったレースは逆に出走登録馬が飽和状態で、除外ラッシュになります。とにかく私も、時代の流れについていけない状況で戸惑っています。昔の考え方では、当てる事は出来ません。
今日の大阪杯の構図は、非ノーザンのコントレイルに対して、ノーザンの3大一口クラブが厳選して出走させるサンデーレーシングのグランアレグリア、シルクレーシングのサリオス、キャロットファームのレイパパレといった形です。今週も天気は気になりますが、阪神競馬場の芝は基が超高速馬場なので、多少の雨ならそれほど馬場の巧拙の影響は出ないでしょう。

◎サリオス
◯コントレイル
▲グランアレグリア
☆レイパパレ

正直、コントレイルは勝ち負けは必至かなとは思います。昨秋の疲れもリフレッシュされて状態は最高なうえに距離もベストの2000mですから、ちょっと崩れる要素が思い浮かびません。だけど2000mであれば、サリオスもコントレイルといい勝負になると思っています。こちらも休ませて馬が良くなって戻ってきて、厩舎でこれまでにないくらい順調に調教が出来たそうです。コントレイルが早熟性の強い血統なら、サリオスはどちらかと言うと奥手の血統です。昨年の皐月賞の2分の1馬身差を逆転するチャンスだと思っております。
グランアレグリアは実力はアーモンドアイを安田記念で圧倒している程です。グランアレグリアはサリオス共々、昨年はアーモンドアイに気を遣って思い通りのローテを組めませんでした。今回はそれだけに満を持しての2000m挑戦に思えます。ただ一つ、これまでの経験にないスローペースに戸惑わないか、そこが不安材料です。
レイパパレは秋華賞同日の3勝クラス勝ちが強かった。秋華賞を勝ったデアリングタクトを脅かす能力を秘めています。デアリングタクトを脅かせるだけの馬なら、ここで勝負になってもおかしくありません。3着の穴候補は、プラヴァス、ペルシアンナイト、カデナあたりが有力馬が万一馬群に沈んだ時に少しならと思ってます。

ノーザン勢のいない2月ステークス

keiba_baken.png


2021年最初のGⅠはダートのフェブラリーステークスです。かつては暮れのチャンピオンズカップ(ジャパンカップダート)を勝ったようなパワー、スタミナの猛者が距離が短くなってスピード能力が問われるこのフェブラリーステークスにも出走して勝ち負けを演じるような正真正銘のダートのチャンピオンがいたものです。しかし近年はチャンピオンズカップとフェブラリーステークスを両方とも出走して好走する馬が少なくなったような気がします。今年も暮れのチャンピオンズカップを勝ったチュウワウィザードはノーザンファームお得意の海外遠征、1番人気でまさかの惨敗を喫したクリソベリルは故障休養中です。出走16頭中、ノーザンファーム生産馬(3大クラブ所有馬含む)が1頭もいない珍しいGⅠレースとなりました。フェブラリー出走馬の中で暮れのチャンピオンズカップで5着以内だった馬はインティだけです。となると大波乱の可能性もあります。

◎カフェファラオ
○サンライズノヴァ
▲ワンダーリーデル
☆エアスピネル
△ソリストサンダー

カフェファラオはジャパンダートダービー以降の3走は、距離が長いと思っています。今回はユニコーンステークスを圧勝した東京1600mです。正直、もっと距離は短い方が良いのではと思ってる程のスピード馬だと思います。ただ一つ、内枠を引いたのはマイナスです。ルメール騎手に堀厩舎ならアッサリクリアも考えられますが、揉まれてドボンもないとは言えません。
サンライズノヴァは東京1600mなら確実に伸び脚が違います。追い込み一手で展開のハマりが必要なタイプではありますが、この舞台なら外す訳にはいかないでしょう。
ワンダーリーデルはやはり東京1600mがドンピシャです。昨年のこのレースも4着と好走してますし、一昨年には武蔵野ステークスを勝ってます。この舞台で格段にパフォーマンスが上がります。
エアスピネルはバテずにジワジワと伸びるタイプで大崩れしません。人気はないですが、2、3着には入れておきたいタイプです。
ソリストサンダーは急激に力をつけてきました。脚の使い方次第ではここでも食い込みがあるかも知れません。
カフェファラオも少し不安なところがあるので、今回は馬連、3連複のBOXかなと考えております。

中山グランプリ 有馬記念

eto_uma_sleep.png


PCのホーム画面から入れなくなってしまいました。検索して調べてみても何の事なのかよく分からない状況です。本日は有馬記念の当たらない予想といきたい所ですが、不慣れなスマホからの更新なので、お見苦しい点があるかも知れません。

有馬記念はグランプリレースと言われていますが、事実上の今年のグランプリレースはジャパンカップでしょう。アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトが人気を集め、その通りの結果になりました。今回の有馬記念のメンバーは主に、アーモンドアイの後塵を拝した馬たちのレースです。
とは言え、メンバーレベルは低くはありません。混戦の中に何頭もひしめき合ってると言えます。その中では、秋の天皇賞とジャパンカップが一歩リードと言えます。天皇賞組ではアーモンドアイの2着のフィエールマンと3着のクロノジェネシスです。共に脚を余し気味に後方から追い込んでのもので、能力上位だと思います。ただフィエールマンは今の中山のタイムを要する馬場が合わないような気がします。クロノジェネシスは距離が微妙なのと、鞍上の北村友一騎手が有馬記念初騎乗で、中山競馬場の経験が他場より少ないのが気になるところです。騎手を不安視してる場面でその馬を本命にすると、不思議と不安が的中して騎手がミスったりするものです。
ジャパンカップ組では、3強と接戦を演じたカレンブーケドールでしょう。この馬は弱い相手にも強い相手にもその相手なりに走ります。決め手が足りないので勝ち味に遅いですが、瞬発力が削がれる今の中山はこの馬にはひと押しになるでしょう。あとは乗り替わり、中3週、ノーザンファーム生産ではない等の不安材料はありますが、条件的にはフィエールマンやクロノジェネシスより良いと思います。

◎カレンブーケドール
◯フィエールマン
▲クロノジェネシス
☆ラヴズオンリーユー
△ワールドプレミア
△キセキ

エリザベス女王杯は天皇賞、ジャパンカップに比べると下かなと思います。ラッキーライラックは距離の延長、中山の低速馬場が合わない気がします。一方ラヴズオンリーユーはなかなか順調に調整出来なかった馬が、今回は思いどおりに調整出来たようです。女王杯からの上積みがあれば、昨年のオークスでカレンブーケドールやクロノジェネシスに勝っている能力を少し見直してみるのも良いでしょう。あとは目を覆うほどの不振にあえいでるデムーロ騎手がここで意地を見せるかどうかです。
ワールドプレミアはジャパンカップが長期休養明けでまずまずの内容でした。上向いてくれば昨年のこのレース3着の脚力は侮れません。キセキはジャパンカップは折り合いを欠いての大逃げになりました。陣営は折り合い重視の調整に懸命のようで、今回は後ろからマクるような形ではないでしょうか。奇跡的に折り合えれば食い込んでもおかしくはないし、衰えてはいないと思います。

今年もとにかくハズレまくりました。なので当たる自信はあるとはとても言えません。私の逆を突けば、おのずと的中に近づけるような気はします。


競馬はマーフィーの法則との戦い

keiba_baken.png

チャンピオンズカップ。やはりというか何というかやってしまいました。。何も疑わずに軸に据えた断然人気のクリソベリルが馬券圏外にぶっ飛んでしまいました。ここ3週、エリザベス女王杯のラッキーライラックにも、マイルCSのグランアレグリアにも、そしてジャパンカップのアーモンドアイやコントレイルにも本命を打たなかった私がここでクリソベリルに本命を打つとこうなるんです。この秋のGⅠで初めて、1番人気が敗れる波乱になりました。やはり1番人気の連勝ストップの時は、私が1番人気を軸にした時でした。

調教がいまいちだったとか情報を全く知らなかった訳ではないのですが、スルーするとマイナスの勘は的中します。逆に重箱の隅をつつくように人気馬に逆らうと、その馬は来ます。先週のジャパンカップも当ブログで最後につぶやいた一言、3強以外に◎を打ったので、当ブログを見た人は安心して3強を買ってくださいという自分にとっては何ともイヤーなつぶやきが的中しました。馬券を買うと来ない、買わないと来る。不安材料をスルーして買うと来ないし気に留めて軸にしないと来る。今に始まったことではありませんが、完全に私の馬券は、マーフィーの法則との戦いと化しています。

特に相性が悪かったのがシンボリクリスエスです。唯一軸にしたのが生涯唯一の着外に沈んだ2003年の宝塚記念でした。この馬に限らず、藤沢厩舎の断然人気にはよくやられました。なので、なかなかグランアレグリアのような馬に◎が打てません。それと比較的最近ではオルフェーヴルが着外に沈んだ2012年の春の天皇賞です。このレース以降、オルフェーヴルに◎を打った事はありませんが、このレース以降のオルフェーヴルは、全て2着以上に来ています。

今回のクリソベリルは、4コーナーの鉛のような重苦しい手応えにこれまでに見られないような異変を感じました。案の定、直線は伸びませんでした。いい位置につけていても勝負所からの鉛のような重さが、如何にも私が軸に据えている馬の負け方です。私が軸にしたのが敗因と言いたいところですが、調教の動きの悪さに、当日の馬体重が大幅に増えていました。クリソベリルなりに危険なシグナルは点灯していたので、このレースに関しては、この部分を根拠にクリソベリルを割り引けた人であれば、クリソベリルに続く馬たちが順当に馬券に絡んだので、取れた人は少なくはなかったと思います。私のようにスルーした人は、残念でしたということです。今回のチャンピオンズカップは、クリソベリルだけが凡走したレースで、それに続く馬は、比較的順当でした。

27日には有馬記念が控えてますが、正直、全く当たる気はしません。おそらくフィエールマンを軸にしてもクロノジェネシスを軸にしてもそれ以外の伏兵馬を軸にしても結局はどの馬にも馬券圏外に沈むのに納得の理由があるからです。こうなると完全にマーフィーの法則との戦いです。ある意味、私の◎が逆神として役に立つかも知れません。


プロフィール

藤嶋親方

Author:藤嶋親方
ご来訪ありがとうございます。茨城県東海村で社労士を開業している藤嶋です。 
社会保険制度を分かりやすく、出来るだけゆるく、時に日常の何気ない話等を綴っていきます。
どうぞお付き合い下さい。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ