FC2ブログ

鬼の居ぬ間にGⅠ戴冠

keiba_banushi-2.png

ついこの間、有馬記念に熱狂したかと思いきや、明日23日は今年最初のGⅠ、フェブラリーステークスです。JRAのダートのGⅠは暮れのチャンピオンズカップとこのフェブラリーステークスだけです。昨年暮れのチャンピオンズカップは一大勢力、ノーザンファームの有力馬が大挙出走して、1着2着を独占しました。今回のフェブラリーステークスには、ノーザンの有力馬の出走はありません。賞金の高いサウジアラビアやドバイのレースに遠征するためで、ノーザン勢にとっては、フェブラリーステークスは眼中にないという訳です。ノーザン勢が席巻する最近のGⅠレースの中では、珍しいレースといえるでしょう。非ノーザンの有力馬にとっては、鬼の居ぬ間に結果を出したい事でしょう。

ノーザンの有力馬が少ないレースは、波乱になる可能性は高いです。ちょっと手を出しづらいレースと言えるかも知れません。
◎サンライズノヴァ
○モズアスコット
▲インティ
☆ワンダーリーデル
△タイムフライヤー
× アルクトス ワイドファラオ、、、
◎サンライズノヴァは3走前のプロキオンステークスは後ろ過ぎ、前走の武蔵野ステークスは前過ぎでした。ただし、後ろからのレースしか出来なかったのが前でレースが出来るようになって前々走の南部杯を勝つ事が出来たのは、この馬のランクアップだと思います。今回はここ1本に目標を絞っての参戦でしょう。
○モズアスコットは初ダートの前走、根岸ステークスで圧勝し、ダート適性を見せました。出遅れなければ前につけて相手はインティ1頭というレースをするのではないでしょうか。追うものの強みで、インティよりレースはしやすいでしょう。
▲インティは逃げた時は負けても高いパフォーマンスを叩き出してます。逆に逃げていないレースでのパフォーマンスは、見た目の着順が良いレースでもパフォーマンスは低いです。前々走のチャンピオンズカップは前者、前走の東海ステークスは後者です。それと今回は、逃げたとしても後続のマーク(特にモズアスコット)はキツそうです。連覇がかかりますが、昨年のように楽なレースは出来ないでしょう。
それ以下だと今回と同じ舞台の武蔵野ステークスを3走前に勝ってるワンダーリーデルが面白いかも知れません。先行馬が苦しくなれば後方から飛んでくるシーンもあるかも。タイムフライヤー、アルクトス、ワイドファラオあたりも舞台適性はあるので一考したいところです。

今年は、春本番のクラシック戦線もコントレイルを筆頭に非ノーザンの有力馬が控えてます。ノーザン勢に変なレースの使い分けをさせないためにも、非ノーザンの有力馬には頑張ってもらいたいところです。



スポンサーサイト



一転、豪華な顔ぶれ有馬記念

animal_horse_thoroughbred_brown.png

かつては年末最後の大勝負レースと言われた有馬記念。最近、ホープフルステークスという2歳のGⅠが有馬記念の後日に設けられて、かつてのような悲壮感は薄れてきたような気はしますが、やはりファン投票で選ばれた馬が一堂に会する有馬記念が今年最後の大勝負だなと私なんかは思います。
今年の有馬記念は人気断然のアーモンドアイ以外にも層の厚いメンバーが揃いました。ジャパンCがスカスカだったのでどうなるかと思いましたが、使い分けだゆとりローテーションだと言われる昨今の状況からは信じられないほどの素晴らしいメンバーになりました。
今年はあまり馬券に参加していないというのはありますが、天皇賞・秋しか馬券的中がありません。なので私の予想の通りに買ったらハズれる可能性は高いと思います。

◎サートゥルナーリア
○アーモンドアイ
▲リスグラシュー
☆キセキ
△ヴェロックス

アーモンドアイについては、2500mの距離や中山コースに不安は感じませんし、熱発の影響も1ミリでもあれば出走してこないと思いますので、大丈夫だと思います。単に中山2500mでアーモンドアイを負かすならという理由でサートゥルナーリアから。神戸新聞杯の勝ち方が凄かった。今回も出走しているヴェロックスやワールドプレミアを子供扱いですから能力を出し切れれば現役トップクラスのはず。。リスグラシューは宝塚記念はこれまでが何だったのかというくらい強かった。今回で引退ですが、引退間際に本格化してアーモンドアイと同じレースを走るのはファンも注目しているところです。良い枠を引き当てましたので、評価を上げました。キセキは早めにスパートして後続に脚を使わせるレースをすれば面白いと思っていますし、出来れば昨秋沸かせた時みたく、逃げて欲しいところですが、おそらく逃げるのはアエロリットでしょう。ヴェロックスは2500mでも少し長い気はしますが、菊花賞の3000mよりは良いでしょう。皐月賞ではサートゥルナーリア と接戦していますし、高いレベルで相手なりに走れる馬ですので、人気が落ちた今回は押さえたいです。

海外からも国内からも見放されたジャパンC

flag_bankokuki.png

私は非常に怒っています。馬券が外れまくっているからではありません。ジャパンCに出走する外国馬が0になった事です。遅かれ早かれそうなるだろうとは思っていましたが、ついに来てしまったかと残念な気持ちです。

ジャパンCは1981年に「世界に通用する馬つくり」を理念に創設された国際招待競走です。当時は、海外の馬に日本のトップクラスが歯が立たず、日本の馬が海外の馬に通用するのはいつの事やらと言われたそうです。

私が見るようになったのは90年代になってからで、トウカイテイオーが海外の超一流馬相手に勝った時は驚きでした。この頃のジャパンCは海外の超一流馬も毎年のように出走していて、対する日本のトップクラスが通用するのかという図式で、かなり盛り上がっていました。日本の馬が互角に渡り合えるようになった時期で、私もこの頃のジャパンCを生観戦した事がありましたが、97年の外国馬ピルサドスキーと日本の名牝エアグルーヴとの対決で地鳴りのような歓声だったのを思い出します。この頃の競馬は、売上も最高潮の頃で、競馬が一番元気な頃でした。

2000年以降は日本馬が勝つのが当たり前になってきました。日本馬のレベルがそれだけ上がってきたという事でしょう。と同時にジャパンCに海外の一流馬の参戦が少なくなり、頭数も減り、ついに今年、0になってしまいました。

外国馬がジャパンCに参戦しなくなった理由はいくつかあります。一番言われているのが日本の世界一の高速馬場が外国馬に敬遠されているというものです。もちろんそれは大いにあるでしょう。だけどそれだけではないでしょう。香港国際競走やアメリカのブリーダーズカップターフなどの国際レースと日程が近いというのもありますし、検疫の問題もあります。何よりも日本の馬のレベルが高くなって、日本の馬場で日本の馬に勝ち負けを挑むのが難しくなったのが一番でしょう。逆に外国の騎手は日本が稼ぎやすいので、大挙来日してくるわけです。

ただ今年の場合、外国馬が来ないだけでは済まされない問題がジャパンCにはあります。それは自国日本の馬も面子が揃わないという問題です。天皇賞を勝ったアーモンドアイは香港を次走に選びました。イキのいい3歳勢の出走はありません。ほぼほぼ成績頭打ちの昔の名前で出ています的なGⅠ勝ちの馬ばかりのメンバーになってしまいそうです。日本馬は巨大生産者ノーザンファーム生産の馬の独り勝ち状態です。そうなると、同じ生産馬同士でレースを使い分けて、最強馬同士のカードは見られなくなります。理由としては、ノーザンお抱えの一口クラブ馬の利益の分配や、引退後の繁殖ビジネスなどです。クラブ馬の場合、あまりにも稼ぎ過ぎる馬がいると別な馬の出資者から不満も出てきます。なので、満遍なく利益が行き渡るようにレースを使い分けるのです。とにかく、日本の競馬関係者からも嫌われているジャパンCですから、外国馬が来るはずもありません。

じゃあジャパンCをどうしたら良いか、近年の状況を見る限りJRAが危機感を持って対応しているとは思えません。一定の馬券売上と入場人員があれば問題なしと思っているでしょう。大阪杯やホープフルステークスといった、馬券の売上のためのG1を増やしているJRAですから、期待できる改革など望めないでしょう。私個人的には、当初の理念を果たしたジャパンCは、役割を終えて発展的消滅をしても良いと思っています。最低でも名称を変えて、国際招待はなくしてチャンピオンズカップみたくした方が良いと思います。少なくとも今のままでダラダラ続ける意味はないでしょう。カーニバルにすればという声も見られますが、おそらく1日に複数のGⅠレースを開催するカーニバル開催は売上に響くのでJRAはまずやらないでしょう。そもそも欧米諸国からは、日本に来日してもあの高速馬場で走るメリットはないと頭の中にしっかりと刻み込まれたはずです。そんな状況でジャパンCのような国際競走を本気でやるなら,今現在の番組をぶっ壊すくらいの大改編が必要でしょう。日本馬にしても秋に中3週続きで3つのGⅠ(天皇賞・ジャパンC・有馬記念)に出走する馬はほとんどいません。競馬の番組を見直す時期にきているという事だと思います。ファンとしては、強い馬同士の直接対決を見たいわけです。

思い出いっぱい ディープインパクト

競馬ファンとしては、非常に残念なニュースとなってしまったディープインパクトの訃報。17歳、まだ数年は種牡馬として活躍できたはずの年齢です。

現役競走馬だった頃が2005年と2006年。競馬を普段やらない人もディープを応援しに競馬場に足を運ぶ人がいたほどのスターホースでした。騎乗していた武豊騎手は、ラストスパートの直線の伸びを飛ぶという表現を使うほど、桁違いの伸び脚でした。どれだけ後方からレースを進めていても、最後にはきっちり伸びてくる安心感みたいなものが馬券を買う側にはありました。

私は2度、凱旋門賞後のジャパンCとラストランとなった有馬記念を競馬場観戦した思い出があります。ジャパンCの時は、失意の凱旋門賞後で日も浅く、ショックのようなものがあるのかもと思ってドリームパスポートの1着も買っていましたが、終わってみるといつもの強いディープでした。ラストランの有馬記念はディープの集大成で、勝ち方に注目していましたが、本当に強い有終の美でした。あれから13年経つんですから、早いですね。

とにかく強い馬だっただけに、2着が人気薄というケースも多くて、馬券を組み立てる上では相手探しでだいぶ苦労しました。ディープインパクトが断然人気で、相手を絞っていかないと馬券自体が的中しても収支がプラスになりませんので、極力相手を絞ります。そんな時に迷った末に馬券の対象から外した馬が来てしまって高配当を取り逃がすという事が馬券を買っているとよくあります。ディープの時も、皐月賞の2着のシックスセンスがそうでした。人気のない馬で、唯一気になっていたんですが、迷った末に切って来られるとしばらく尾を引きます。

ディープインパクトは、最近みたくレースを選ばずに、目先のGⅠレースをしっかり走って結果を残したんですから記録にも記憶にも残る馬です。最近の競走馬の働き方改革みたいな大レースの使い分けみたいなローテーションでは、ディープのようなスターホースは出てこないでしょう。社会現象になるようなスターホースという意味では、ディープインパクトが最後の馬かも知れません。

あなたの、そして私の夢が走る宝塚記念

keiba_banushi-2.png

競馬は上半期の総決算と言われる宝塚記念を迎えます。有馬記念と並んで年に2回、ファン投票を行って上位の馬を優先的に出走させるいわばドリームレースなんですが、宝塚記念に関しては、枠がフルに埋まったことがほとんどありません。最近は特に、トップクラスの馬を適材適所のレースに同じ生産者、同じオーナーの馬を使い分ける傾向にあるので、宝塚記念でなくても特に古馬王道路線のGⅠで枠が埋まることがほとんどなくなってしまいました。以前から比較的日陰のGⅠの印象の宝塚記念ですが、少し前までは杉本清さんの実況がレースを盛り上げに華を添えていました。有名なのはタイトル名のフレーズで、あなたの夢として人気馬が2頭、私の夢として杉本さんが気になってる穴馬が1頭実況でコールされます。これを聞くと、GⅠなんだという高揚感が出てくるわけです。私の夢として指名された馬が来ないのもお約束でした。

私自身、人の事が言えないくらいこの上半期は全然当たっていません。今回のレースも頭数は少ないですが、有力馬も一長一短で難しいです。

◎スワーヴリチャード
○レイデオロ
▲キセキ
☆リスグラシュー
△スティッフェリオ
△ショウナンバッハ

スワーヴリチャードも出遅れがたまにあるので、スタートして流れに乗れるかどうかでしょう。それが叶えば地力は足りるので好勝負だと思いますが、マイナス勘の出遅れの方が当たってしまうかも知れません。人気のないところではスティッフェリオ。大阪杯の時のようなスローよりもレース全体が流れてくれた時の方が良さが出るような気がします。ショウナンバッハは最後、伸びてはきます。かつてジャパンCでも上がり最速で伸びてきたこともあります。前が止まるようなレースになって決着レベルが下がれば入着以上もあるかも知れません。

私の宝塚記念の夢をあえて言うと、18頭フルゲートでのオールスターキャスト揃い踏みですね。理想論ではありますが、宝塚記念に限らず、GⅠはそうあってほしいと願っています。

プロフィール

藤嶋親方

Author:藤嶋親方
ご来訪ありがとうございます。茨城県東海村で社労士を開業している藤嶋です。 
社会保険制度を分かりやすく、出来るだけゆるく、時に日常の何気ない話等を綴っていきます。
どうぞお付き合い下さい。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ