FC2ブログ

巨大勢力に挑むデアリングタクト

keiba_banushi-2.png

今週の秋華賞と来週の菊花賞では、それぞれ無敗での三冠誕生という記録がかかります。まず今日の秋華賞には史上初の牝馬無敗での三冠をかけてデアリングタクトが登場します。今現在、競馬界にはノーザンファームという生産界の一大横綱が君臨しています。しかしながらデアリングタクトも来週の菊花賞に無敗での三冠がかかるコントレイルもノーザンファームの生産ではありません。今年の3歳馬に関しては、ノーザンファームはやる事なす事上手くいきませんでした。その隙を突いて勝ち続けてきたのが、デアリングタクトであり、コントレイルです。一方で、3歳世代のレベルが低いとも言われています。秋華賞や菊花賞が終わって、上の世代の馬と戦うようになってからの期待や不安もありますが、とりあえず同世代相手の最後の一冠です。先ずは目の前のレースで結果を出せるのかどうかです。
今日のデアリングタクトは、直線を向いてからの桁違いの末脚でここまで勝ち続けてきました。今回は、直線の短い京都の内回りです。届かず負けるシーンも考えられます。ただ、オークスを勝った時が凄かった。直線前が壁で進路がなくて残り300を過ぎてからの一気のスパートで届いてしまいました。スムーズなら大楽勝だったことでしょう。逆に直線の短い内回りですので、自分から動いていってねじ伏せるくらいのレースをしてほしいものです。でないと、今日は勝てても、異世代の、そして牡馬と戦う今後は勝てなくなってしまいます。
一方、ノーザンファームの大将格、リアアメリアはトライアルのローズステークスでやっと思っていたとおりのレースが出来ました。これまで、能力がありながら気性が難しくてやりたいレースが出来なくて何とももどかしい状況が続いていましたが、土壇場で態勢は整いました。ノーザンファームの3歳牝馬の迷走は、この馬の低迷がすべてとも言えます。成長を見せた今なら、デアリングタクトの壁になることでしょう。
◎デアリングタクト
○リアアメリア
▲ウインマイティー
☆ソフトフルート
△ミヤマザクラ
リアアメリアは、前日の雨の影響で時計が掛かるのはマイナスです。出来るだけ乾いてほしいところです。重い芝の遅いタイムを味方にできるのがウインマイティーとソフトフルートだと思います。ミヤマザクラは、さすがノーザンファームで藤原厩舎だけに、オークス以来でも仕上がりは良さそうです。
ノーザンファームの馬が勝つと、使い分けだなんだでGⅠレースで対決しないので面白くありません。やはり巨大勢力に立ち向かっていく存在がいてこそ、レースも盛り上がっていくことでしょう。

スポンサーサイト



コントレイル 大相撲 そして追悼 竹内結子さん

hikouki_gumo.png

競馬は菊花賞の前哨戦、神戸新聞杯が行われ、デビューから無敗での三冠が菊花賞でかかるコントレイル(飛行機雲)が圧勝しました。直線はほとんど馬なり、能力の違いは歴然だったように思えます。できる限り穴を狙いたい私ですが、ちょっと逆らうのは難しいかな、、父ディープインパクト以来の無敗での三冠、無事にレースを迎えられれば可能性はかなり高そうです。

大相撲秋場所は千秋楽を迎えました。正代が初優勝し、大関昇進も確実となりました。ここ数場所で眠ってた素質がいっぺんに開花したようです。今場所の内容なら、大関昇進も問題ないでしょう。茨城県勢は好調で、高安も天空海も10勝をあげ、来場所は高安が小結返り咲き、天空海が新入幕の場所になりそうです。一方で序ノ口では、服部桜が通算200敗目を記録。200敗到達時点での勝利数が3勝という、空前絶後の記録となってしまいました。これまでの200敗到達時の最小勝利数は森麗(現役)の64勝です。このレベルだと、多くの力士は200敗に到達する前に引退するので、普通はありえない数字と言えます。服部桜といえば、4年ほど前に敗退行為をして有名になった力士です。私も頑張って強くなりたいという意思があるのであれば、力士を続くていても良いではないかと考えていましたが、最近の相撲内容を動画で見ても、防戦一方で全く相撲内容に進境が見られません。四股を見ても、どういう稽古をしているのか疑問です。ただ1つ、どんな相手と対戦しても逃げずに立つようにはなりました。相撲教習所時代、皆勤賞だったことからも真面目で言われた事は素直に実践するタイプなのでしょう。敗退行為をして相撲を辞めようとした時に、師匠の式秀親方からは、このままだと負け犬になると言われて引退を思いとどまったそうです。もう22歳。逃げずに当たるようになりました。もう充分じゃないかなと思います。

今日は非常に残念なニュースがありました。竹内結子さんが亡くなられてしまいました。好きな女優さんだっただけに残念だし、まだ訃報を受け止められないでいます。それにしても今年は志村けんさん、岡江久美子さん、渡哲也さん、斎藤洋介さん、三浦春馬さんなど、何とも心が折れるような訃報が続いていて残念でなりません。御冥福をお祈りいたします。

セリーグ 大相撲 政治の共通点

sport_baseball_set.png

セリーグは巨人が独走で、巨人ファン以外のファンにとっては、あまり楽しめないシーズンとなってしまいました。追う阪神やDeNAが巨人に全く勝てないので、差は広がる一方です。今日の時点で7連勝していますが、20連勝くらい簡単にしてしまいそうなくらい、巨人と他球団の差は感じます。その巨人でも、昨年は日本シリーズでソフトバンクにコテンパンにやられましたし、毎年のようにセリーグは、パリーグとの交流戦で大きく負け越しています。巨人が強い以上に、他球団が相当に弱いのだと思います。そのセリーグと似たような状況なのが、大相撲と政治だと思います。

大相撲はこの秋場所も休場していますが、やはり白鵬がトップの状況に変わりはありません。引退しないのも、下からの突き上げがないからです。朝乃山もまだまだ頼りない感じです。次に続く力士が白鵬に引導を渡せるような状況にならないといけないんですが、もうしばらく時間を要してしまいそうです。また政治も自民党1強はまだまだ続くでしょう。とにかく野党が情けなさすぎます。安倍首相が辞任の意向を固めた時に暴言を吐いた議員や大学の教員がいました。ユーミンは早く死んだほうがいいなんてありえない発言です。また、立憲民主党に国民民主のメンバーが合流して合流新党が結成されましたが、結局選挙で少しでも優位に立ちたいためだけの合流なんでしょうね。少数意見や弱者の代弁者はどこにいってしまってのでしょうかと感じます。おそらく、今解散すれば自民党が更に議席数を増やすでしょう。セリーグ、大相撲、政治、いずれも1強多弱で共通していますね。

あとフジテレビの競馬中継にも一言、元騎手のHさん、8週連続馬券的中とか言ってはしゃいでますけど、人気馬の複勝やワイド多頭BOXなど、収支度外視で番組の的中記録を伸ばす事だけに主眼を置いて馬券の買い目を披露しているように感じますね。極端な話、単勝全頭買いで的中もありなんじゃないかと思えるような手法に思えます。もともとフジの競馬中継はコアな競馬ファンには評判は良くないですが、こういうやり方をしてると、競馬ファンを舐めてると思われても仕方ないでしょう。Hさんは、パドックの馬の見方は他番組のトラックマンや元競馬関係者の解説者に比べて優れていると思っているだけに、余計にああいう馬券の披露のやり方は、残念だし、あざとさを感じます。当たらないけど少ない買い目で勝負するテレ東の競馬中継の方がクオリティが高いのは一目瞭然です。

今日は批判ばかりなので最後に、テニスの全米優勝の大坂なおみ選手、本当におめでとうございます。素晴らしい戦いだったと思います。こういう明るいニュースがもっと増えるといいんですがね。

2020年8月34日

image0.jpeg

9月に入っても8月の延長のような猛暑が続いてます。新潟県では国内で観測史上初めて9月に40度を超えたとか。。山を隔てた関東地方も蒸し暑くて時折スコールが降るような熱帯地方のような天気が続いてます。台風が日本付近にありますが、夏の高気圧が強過ぎて朝鮮半島や中国大陸の方に向かっているようで、台風も完全に夏台風です。このような夏のような気候も、9月として考えると異常だと思うでしょうけど、8月34日とか閏8月3日と思えば、仕方ないかなと思うかも知れません(そんな訳ないか!)

fullsizeoutput_15e.jpeg

1ヶ月予報を見ると、どうやら秋になるメドが現時点では立っていないようです。まさに8月の延長のような猛暑がこの後も続くとの事です。この夏は、7月の低温の期間がありながら6月〜8月の3ヶ月のトータルでは、平年よりも1度高い猛暑の夏となりました。7月が例年通り高温なら、大変な記録になっていたでしょう。冷夏は死滅して、夏=猛暑が当たり前になっています。7月の低温の倍返しくらいでは生やさしいくらいの猛暑が続いています。

それでも、日没が早くなったり、稲が収穫間近を迎えたり秋の気配はほんの少しですが感じる事は出来ます。熱中症の心配をするのももうしばらくの辛抱です。

倍返し猛暑 到来‼️

taiyou_sunglass.png

一言で危険な暑さの1日でした。群馬県の伊勢崎や桐生では40・5度。水戸で37・6度。当ブログで以前避暑地と紹介したくらい関東地方の中でも夏の気温が低めの日立でも36・4度まで気温が上がりました。冷房がない場所ではじっとしていても熱中症の危険のあるほどの暑さです。その日立市では、夜の10時でもまだ30度あります。私の居住地は日立市に程近い場所にあるので、夜も不快な暑さです。7月は最近にしては珍しく、長い期間低温が続いて冷夏を思わせましたが、やはり今の時代は、短い低温の後に長い高温期間が待ち受けています。冷夏は死滅して、猛暑の夏が当たり前になっています。じっとしててもヤバい暑さです。この時季の東京での五輪開催は、正気の沙汰とは思えません。

昔は学校の運動部や建設、製造といった職業での作業中には休憩時間以外に水を飲むなと言われたりしていました。精神論、根性論的なものが昭和〜平成前半くらいまでの暑さならまだなんとかなったのかも知れませんが、今の時代の猛暑には通用しないでしょう。どうしても冷房のない場所での作業をする時は、こまめな水分補給や塩分補給が必須です。

プロフィール

藤嶋親方

Author:藤嶋親方
ご来訪ありがとうございます。茨城県東海村で社労士を開業している藤嶋です。 
社会保険制度を分かりやすく、出来るだけゆるく、時に日常の何気ない話等を綴っていきます。
どうぞお付き合い下さい。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カテゴリ